PR

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHの違いを比較


タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHの違いを比較


タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHの違いを比較してみました。

その結果、違いは、体重の精度と価格差であることがわかりました。

・ 体重の精度の違い

・ 価格差の違い

詳しい違いについては、本文で説明していきますね。

 

体重をより詳細にしたタニタ 体重 体組成計RD-915L GDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

コストパフォーマンスに優れたRD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDってどんな商品?

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとは、あなたの健康維持のために必要となる

体脂肪率、内臓脂肪、筋肉量、推定骨量、筋質点数などの数値をTANITA 4C Technology搭載でより健康維持のための数値の正確性を高めた体重、体組成測定器です。

また、体重の精度については、50gまで測れるようになっています。

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHの違いを比較

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHの違いを比較してみました。

違いの主な点は、下記の2点です。

・ 体重の目盛り精度の向上

・ 価格差

体重の目盛り精度の向上

体重の精度については、下記のようになっています。

・ タニタ 体重 体組成計RD-915L GD:0~100 kgまで50g 100~180kgまで100g

・ タニタ 体重 体組成計RD-914L WH:0~100 kgまで100g 100~180kgまで200g

価格差

アマゾンでの2022年5月時点の価格です。価格は日々変動しますので、再確認をお願いします。

・ タニタ 体重 体組成計RD-915L GD:2万4千5百円弱

・ タニタ 体重 体組成計RD-914L WH:2万円弱

価格差は、約4千5百円ぐらいです。

 

体重をより詳細にしたタニタ 体重 体組成計RD-915L GDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

コストパフォーマンスに優れたRD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能には、下記の8点があります。

・ 4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現

・ 脈拍測定機能を搭載

・ 筋肉の質にこだわる「筋質点数™」を表示

・ デュアル周波数測定機能

・ 充実の測定項目

・ 乗るピタ搭載

・ iPhone・Androidスマートフォンと連携機能

・ バックライトで分かりやすい液晶表示

4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能機能として、

医療・研究機関で体組成計測のゴールドスタンダードとなっている4C法(4-Compartment Model Method)で収集した生体データを基準に開発したアルゴリズムを含め、タニタの体組成計測技術を集約した「TANITA 4C Technology」を搭載しています。

具体的には、脂肪量や筋肉量などからだの厚みによる体格の個人差による計測値への影響を低減し、健康指標の正確性をより高めています。

脈拍測定機能を搭載

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能として、

体組成測定と脈拍測定をこれ1台で測定が可能です。

筋肉の質にこだわる「筋質点数™」を表示

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能として、【世界初! 「筋質点数」を表示】筋肉の質(状態)を分析する「筋質点数」の測定機能を搭載。

筋肉を筋繊維の状態まで分析し、点数化。

筋肉の量だけでなくその質を測定することでからだの状態をより詳細に分析することができます。

具体的には、

・ 運動のモチベーションアップに

女性や高齢者はトレーニングをしても、なかなか筋肉量が増えないことがあります。

筋質点数は筋肉量よりも敏感に変化する傾向があるので、運動継続のモチベーションに役立ちます。

・ 休息の目安に

過度なトレーニングの後は、筋肉のコンディションが低下し、筋質点数が下がることがあります。

筋質点数の日々の変化をチェックすることで、コンディションが客観的に把握でき、トレーニング量のコントロールや休息の目安として使用することができます。

デュアル周波数測定機能

家庭用の体組成計は1つの周波数の電流をからだに流し、電気抵抗値を算出する機能となっています。

一方、タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能として、

「TANITA 4C Technology」を取り入れたインナースキャンデュアル方式があります。

インナースキャンデュアル方式とは2つの周波数(デュアル周波数) で体の組成を測定します。

 

体重をより詳細にしたタニタ 体重 体組成計RD-915L GDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

コストパフォーマンスに優れたRD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

充実の測定項目

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能として、

・ 体脂肪率

・ 内臓脂肪

・ 筋肉量

・ 脈拍数

・ 推定骨量

・ BMI

・ 筋質点数

を測定することができます。

乗るピタ搭載

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能として、

1度登録すればあとは乗るだけで測定・表示する「乗るピタ」搭載。

iPhone・Androidスマートフォンと連携機能

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能として、

Bluetooth通信に対応し、対応のiPhone・Android端末にデータを転送することができます。

このことによって、日々の運動などの状態をアプリでデータ管理ができます。

バックライトで分かりやすい液晶表示

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHと同等機能として、

3色(赤・黄・緑)のバックライトで測定結果の判定が直感的にわかるようになっています。

 

体重をより詳細にしたタニタ 体重 体組成計RD-915L GDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

コストパフォーマンスに優れたRD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WH向いているのは?

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WH向いているのはについて検討してみました。

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHについて、機能的にはほぼ同一であることがわかりました。

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDが向いている方

・ 体重の精度をより詳細にしりたいと考えている方

 

タニタ 体重 体組成計RD-914L WHが向いている方

・ 体重の精度よりコストパフォーマンスを優先したいと考えている方

 

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHの違いを比較のまとめ

タニタ 体重 体組成計RD-915L GDとRD-914L WHの違いについて調べてきました。

その結果、大半の機能が同一であることがわかりました。

違いの主なものは、

・ 体重の精度の違い:RD-915L GDが50gでRD-914L WHが100g。いずれも100kgまで、100kgから180kgまでは、100gと200gになります。

・ 価格の違い

の2点でした。

 

体重をより詳細にしたタニタ 体重 体組成計RD-915L GDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

コストパフォーマンスに優れたRD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介