PR

ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043W!赤ちゃんのために!


ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043W!赤ちゃんのために!


冬場は、乾燥が厳しい時期です。インフルエンザの拡大にもつながる乾燥です。

乾燥対策は、あなたの喉や肌、とりわけ赤ちゃんの肌を乾燥から守ることは重要になってきますよ。

赤ちゃんの肌は、敏感ですから、乾燥を放置することは厳禁です。

赤ちゃんのために加湿機能付き空気清浄機を購入しましたが、一向に、湿度はあがりませんでした。

それで、色々調べた結果、加湿器が良いかなって思って、超音波式加湿器を購入しました。

しかし、意外に加湿器も効果がなく、しかも、超音波加湿器は音がうるさいので夜は、つけて寝ることができませんでした。

やはり、普通の加湿器が良いのかって思っていましたが、今度は、蒸気の出る部分が高熱になるので危ないということで、ここは、ある程度音も静で、超音波と普通のタイプを併せ持つハイブリッド加湿器が良いのではないかと考えました。

難点は、多少、他のタイプと比較するとハイブリッドの加湿器は値段が高めということです。

で、色々ネットで良いハイブリッド式の加湿器がないかと探したところ、丁度、持ちの良さと音が静な加湿器が見つかりました。

ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043Wです。

ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043Wを見たい方は下記をクリックしてください。

 

簡単にできる加湿対策

一般的に、マンションの場合には、エアコンがなくても、冬の寒い時期でも室温は20度ぐらいあります。

しかも、最近のマンションは、気密性の高い2重ガラスを使用していることも多いので、空気が乾燥しやすいです。

特にエアコンを使用すると室内の湿度は、30%を切ってくることもしばしば起こります。

そんな時に、一気に湿度をあげるのに効果的なのは、洗濯物を室内で干すということです。

洗濯もののなかで効果を発揮するのが、バスタオルです。

実際に、バスタオルを選択して、室内で干すと20%ぐらい湿度があがります。

ただ、難点は、それほど、効果が続かないことです。

当然、室内が乾燥しているので、1時間ぐらいすると次第に洗濯物が乾いてきます。

そうなると湿度も30%代ぐらいに戻ってしまいます。

なので、あくまでも、洗濯物を干すのは応急的な処置として、一番効果が高いと思います。

やはり、ここは、加湿器が一番良いのではないかと思います。

加湿器による湿度向上

加湿器のタイプには、主に、3種類あります。

・ 加熱式加湿器

・ 超音波式加湿器

・ ハイブリッド加湿器

熱加熱式加湿器

熱加熱式加湿器は、空気中の湿度を増やすために使用される家電製品の一種です。この種の加湿器は、水を加熱して蒸気を発生させ、それを空気中に放出することで湿度を上げます。以下に、熱加熱式加湿器の特徴や仕組み、利点、注意点などについて詳しく説明します。

特徴と仕組み:
熱加熱式加湿器の主な特徴と仕組みは次の通りです。

加熱プロセス: 加湿器内の水を加熱して蒸気を生成します。通常、電子部品やヒーターを用いて水を加熱し、その蒸気を風に乗せて放出します。

湿度調整: 多くの熱加熱式加湿器は、設定した湿度レベルに合わせて加湿量を自動的に調整することができます。内蔵の湿度センサーによって、室内の湿度を計測し、適切な湿度に保つように制御されます。

煮沸消毒: 加湿器内で水を加熱するため、水中の微生物や細菌が死滅する効果があります。これによって、加湿器の健康的な使用が可能となります。

利点:
熱加熱式加湿器の利点には次のようなものがあります。

高い加湿効果: 加熱によって水を蒸発させるため、比較的高い加湿効果を持ちます。乾燥した季節や寒冷地域で特に効果的です。

湿度の均一化: 室内の湿度を一定に保つことができ、健康や快適さの向上に寄与します。

煮沸消毒: 加湿器内での水の加熱により、微生物や細菌が減少するため、清潔な湿度環境を提供します。

注意点:
いくつかの注意点もあります。

熱による火傷の危険: 加湿器は水を加熱するため、操作中は加湿器自体や排出される蒸気が熱くなる可能性があります。取り扱いには十分な注意が必要です。

水の質: 加湿器に使う水の質は重要です。硬水や塩分の多い水を使用すると、加湿器内部にスケール(白い粉)が生成されることがあります。

清掃とメンテナンス: 加湿器は定期的な清掃とメンテナンスが必要です。水垢や細菌の蓄積を防ぐために、メーカーの指示に従って適切にお手入れすることが重要です。

電気消費: 加湿器内のヒーターなどの電子部品を使用するため、電気を消費します。長時間の運転による電気代の増加に注意が必要です。

これらの特徴や利点、注意点を考慮して、自宅の湿度を調整する際に熱加熱式加湿器を選択するかどうかを判断することが大切です。

超音波式加湿器

超音波式加湿器は、水を超音波振動によって微細な水粒に分解し、その水粒を空気中に拡散して湿度を上げるための家電製品です。以下に、超音波式加湿器の特徴や仕組み、利点、注意点などについて詳しく説明します。

特徴と仕組み:
超音波式加湿器の主な特徴と仕組みは次の通りです。

超音波振動: 加湿器内の振動装置が超音波を発生させ、これによって水を細かい水粒に分解します。これらの水粒は霧状の形で空気中に放出されます。

水粒の拡散: 放出された微細な水粒は軽くて浮遊しやすいため、室内に拡散されて湿度を上げる役割を果たします。

湿度調整: 一部の超音波式加湿器は、設定した湿度レベルに合わせて加湿量を自動的に調整することができます。内蔵の湿度センサーによって、室内の湿度を計測し、適切な湿度に保つように制御されます。

利点:
超音波式加湿器の利点には次のようなものがあります。

静音性: 超音波振動による加湿プロセスは非常に静かであり、就寝時や静かな環境でも気になる騒音が少ないです。

微細な水粒: 分解された水粒が非常に微細で、霧状の水蒸気として空気中に拡散されます。これによって、湿度を均一に保ちながら快適な環境を提供します。

省エネ: 通常、加湿に関するエネルギー消費が比較的低く、省エネルギーな選択肢となります。

注意点:
いくつかの注意点もあります。

水の質: 使用する水の質が重要です。硬水や塩分の多い水を使用すると、加湿器内部に白い粉(スケール)が生成されることがあります。

清掃とメンテナンス: 加湿器内部で水粒を生成するプロセスにより、装置内部に細菌やカビが繁殖する可能性があるため、定期的な清掃とメンテナンスが必要です。

安全面: 加湿器内部で水が霧状になるため、水が周囲に飛散することがあります。散水が電子機器などに入ることを避けるため、注意が必要です。

超音波式加湿器は静かで効果的な湿度調整ができるため、多くの家庭で使用されています。ただし、水質や清掃に注意し、正しい取り扱いを行うことが重要です。

ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043Wを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイブリッド加湿器

ハイブリッド加湿器は、複数の加湿方式を組み合わせた家電製品で、一般的には超音波振動と加熱による蒸発を組み合わせたものを指します。これによって、効果的な加湿と静音性を両立させることを目指しています。以下に、ハイブリッド加湿器の特徴や仕組み、利点、注意点などについて詳しく説明します。

特徴と仕組み: ハイブリッド加湿器の主な特徴と仕組みは次の通りです。

  1. 超音波振動と加熱の組み合わせ: ハイブリッド加湿器は、超音波振動による微細な水粒の発生と、加熱による水の蒸発を組み合わせて加湿を行います。これによって、水蒸気を効果的に室内に放出し、湿度を調整します。
  2. 静音性: 超音波加湿器と比較して、ハイブリッド加湿器は加熱による水の蒸発が主要な加湿プロセスとなるため、静音性が高いとされています。
  3. 湿度調整: 一部のハイブリッド加湿器は、設定した湿度レベルに合わせて加湿量を自動的に調整することができます。内蔵の湿度センサーによって、室内の湿度を計測し、適切な湿度に保つように制御されます。

利点: ハイブリッド加湿器の利点には次のようなものがあります。

  1. 効果的な加湿: 超音波と加熱の両方の加湿方式を組み合わせることで、効果的な加湿が実現されます。特に、乾燥した季節や寒冷地域で効果を発揮します。
  2. 静音性: 加熱による蒸発が主な加湿方式となるため、騒音が少なく静かに使用できます。
  3. 湿度調整: 設定した湿度レベルに自動的に適応することで、室内の湿度を一定に保つことができます。

注意点: いくつかの注意点もあります。

  1. 清掃とメンテナンス: 加湿器内部での加湿プロセスにより、装置内部に細菌やカビが繁殖する可能性があるため、定期的な清掃とメンテナンスが必要です。
  2. 電気消費: 加湿器内のヒーターやファンなどの電子部品を使用するため、電気を消費します。長時間の運転による電気代の増加に注意が必要です。

ハイブリッド加湿器は、効果的な加湿と静音性を両立させるための選択肢として人気があります。ただし、適切な取り扱いとメンテナンスが重要です。

加湿器を選ぶ際に気を付けたいこと

上記で説明した加湿器ですが、気を付けたいことがあります。

それは、容量です。

この容量で、加湿する時間が決まってくるので、あまり、小容量だと何度も水を補給しなくてはいけないので面倒です。

夜はだいたい8時間ぐらいありますから、容量の目途としては、これぐらい持つタイプを選択したほうが良いと思います。

これぐらいの容量があれば、1日に2回の水を補給で済むことになり、便利だと思います。

これ以上の容量の加湿器もありますが、重量も増してくるのと部屋においたときのインテリア性を損なう可能性もあります。

最近の加湿器は、割とインテリア性も高いのが多いです。

勿論、卓上に置いたり、寝室に置いたりすることを想定してとのことだと思います。

機能的には、シンプルなので、一番、気を付けたいことは、どれぐらい継続して使用できるかで選ぶことがベストな選択になると考えます。

加湿器の使用で気を付けたいこと

加湿器は、水を補給することが一番大変だと思いがちですが、実は、一番大変なのは、加湿器の掃除です。

加湿器の説明書にも記載されていますが、

・ 毎日、水を取り替えること

・ 1週間に一度は、加湿器本体を洗浄すること

この2点が重要です。

最近、多少、テレビなどでも放映されていて、知っているかたもいると思いますが、加湿器を洗浄しないで使用すると菌が蔓延すると言われています。

この中でも恐ろしいのが、

・ レジオネラ菌

この菌は水中や土の中のどこにでも存在しているそうです。

この水の中にいるレジオネラ菌が、加湿器で霧状になった空気の中に存在しているとそれを吸い込むことでレジオネラ肺炎が発症する危険があるとのことです。

但し、このレジオネラ菌は熱に弱いので、加熱式加湿器では、死滅してしまいます。なので、加湿器の中では安全性が最も高いです。ただ、前述しているように300W近くあるので電気代が高いのが欠点です。

勿論、毎日水を取り替えることや1週間に一度加湿器を掃除することで、このレジオネラ菌が繁殖するのを防ぐことができます。

基本的には、お風呂も同様なことが言えます。

何日も、同じ水を沸かし続けるとレジオネラ菌が繁殖すると言われています。

この点では、銭湯なども同じようです。勿論、銭湯などは、このことを防ぐために、徹底的な対策がとられているので安全です。

なので、水の取り換えや掃除ができないという人は、加熱式加湿器が良いでしょう。

ただ、水を取り替えたり、加湿器を掃除できると言う人は、このレジオネラ菌にそれほど神経質になることはないです。

ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043Wを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043Wのまとめ

加湿器も最近は、アロマができるなど人気商品となっています。

しかし、一方では、面倒な水の取り換えや加湿器の掃除などがあります。

ただ、あなたの健康のための加湿器が健康を害することもあることを認識しておいてほしいと思います。

加湿器の説明書には、レジオネラ菌の繁殖による肺炎についてまでは載っていないと思います。

しかし、加湿器の説明書を良く読んで、忠実に使い方を実行したほうが良いと考えます。

くれぐれも勝手に安全だと認識しないことが重要です。

そのうえで、あなたに相応しい加湿器を選ぶと良いと思います。

今回紹介しているハイブリッド加湿器も加熱という点では、レジオネラ菌を殺菌するレベルではないので、使用法を十分に守って使用してください。

ハイブリッド加湿器 6L リブセトラ CSH6043Wを見たい方は下記をクリックしてください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介