PR

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いを比較!むいているのはどっち?


タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いを比較!むいているのはどっち?


タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いを比較してみました。

違いの主なものは下記の3点でした。

・ 4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現

・ 脈拍測定機能を搭載

・ 体重測定の単位の違い

 

より正確性を高めたタニタ体組成計RD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

従来機能で十分と考えるタニタ体組成計RD-503 RDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

タニタ体組成計RD-914L WHってどんな商品なの?

健康指標となる体脂肪率、内臓脂肪、筋肉量、推定骨量、筋質点数などの数値をTANITA 4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現している体重、体組成測定器です。

TANITA 4C Technology

TANITA 4C Technologyとは、医療・研究機関で体組成計測のゴールドスタンダードとなっている4C法(4-Compartment Model Method)で収集した生体データを基準に開発したアルゴリズムを含め、タニタの体組成計測技術を集約したもの。

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いを比較

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いは、下記の3点あることが分かりました。

・ 4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現

・ 脈拍測定機能を搭載

・ 体重測定の単位の違い

次にそれぞれについて説明していきますね。

4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現

医療・研究機関で体組成計測のゴールドスタンダードとなっている4C法(4-Compartment Model Method)で収集した生体データを基準に開発したアルゴリズムを含め、タニタの体組成計測技術を集約した「TANITA 4C Technology」を搭載しています。

具体的には、脂肪量や筋肉量などからだの厚みによる体格の個人差による計測値への影響を低減し、健康指標の正確性をより高めています。

体組成分析の仕組み

一般的な家庭用の体組成測定器は、生体インピーダンス法を使用し、からだに微弱な電流を流し、その電気抵抗値をはかります。

その電気抵抗値と体重、身長、性別、年齢などの情報を、生体データをもとに作られたアルゴリズムで解析することで、体脂肪率などの体組成を算出します。

そのため、

・ 体重を正確にはかる重量測定技術、

・ 体内の変化を精巧に捉える生体電気抵抗測定技術、

・ 体組成を算出するアルゴリズムなどが、

体組成分析の正確性を左右する決め手となります。

生体インピーダンス法とは

体内に微弱な電流を流し、電流の流れやすさ(電気抵抗=インピーダンス)の程度を計測し体脂肪率を推定する方法です。

体内の筋肉や骨など電解質を多く含む組織は電気を通しやすく、体脂肪はほとんど電気を通しません。

この特性を利用し、測定した電気抵抗値と身長・体重から体脂肪率を推定します。

「4C法」を基準としたアルゴリズム

現在、体組成研究の専門家から精度・信頼性が高く実質的な体組成測定の基準法とされているのが、

からだを

・ 脂肪

・ ミネラル

・ タンパク質

・ 水分

の4つの成分に分けて分析する「4C法」(4 compartment model method)で、体組成測定のゴールドスタンダードと言われています。

この4成分での分析を行うため、これまでに使用してきた

・ DXA法(DXA法とは、骨密度検査で、骨を構成しているカルシウムなどのミネラル類の量を測定する検査です)に加え、

・ 密度法による体積測定、

・ 重水希釈法による水分量測定、

・ 体重測定

の4種類の分析方法を組み合わせ新たなアルゴリズムを搭載。

これにより、からだの厚みや体積など体格の個人差の影響を低減し、より正確な計測値を提示することが可能となっています。

脈拍測定機能を搭載

体組成測定と脈拍測定をこれ1台で測定が可能です。

アプリ「ヘルスプラネット」を使えば、体組成計で測定した平常時の脈拍から「運動時目標脈拍数」を自動的に算出。

心肺能力に合わせたトレーニングを行うことができます。

ヘルスプラネットアプリとは

体重・体脂肪など、からだデータを測定。

タニタの通信対応機器なら、自動でサイト・アプリに記録されます。

計測した結果は、ウェブサイトまたはアプリに記録。

PC・スマートフォン・携帯電話、自分の好きな環境で利用できます。

Twitterとデータ連携

測定値を自動でツイート。

周りにお知らせできるからモチベーションもアップします。

現在の体重・体脂肪は設定で非表示にもできるから安心。

体重測定の単位の違い

体重測定の単位は、下記の通りとなっています。

・ RD-914L WH:100g単位

・ RD-503 RD :50g単位

より正確性を高めたタニタ体組成計RD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

従来機能で十分と考えるタニタ体組成計RD-503 RDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと同等機能

筋肉の質にこだわる「筋質点数™」を表示

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと同等機能として、【世界初! 「筋質点数」を表示】筋肉の質(状態)を分析する「筋質点数」の測定機能を搭載。

筋肉を筋繊維の状態まで分析し、点数化。

筋肉の量だけでなくその質を測定することでからだの状態をより詳細に分析することができます。

筋肉を「量」だけで評価していませんか?

タニタのインナースキャンデュアルでは、筋肉を「筋肉量」と「筋質点数」の2つの指標でチェックすることができます。

加齢や運動習慣により筋肉の状態が変化することに着目し、この筋肉の状態を「筋肉の質」と呼び、点数で表示したものが筋質点数です。

筋質点数は、運動のモチベーションアップに役立つ

女性や高齢者はトレーニングをしても、なかなか筋肉量が増えないことが多いと思います。

一方、筋質点数は筋肉量よりも敏感に変化する傾向があるので、運動継続のモチベーションアップに役立ちます。

運動の休息の目安にもなる筋質点数

過度なトレーニングの後は、筋肉のコンディションが低下し、筋質点数が下がることがあります。

筋質点数の日々の変化をチェックすることで、あなたの体のコンディションを客観的に把握でき、トレーニング量の制御や運動の休息の目安として使用することができます。

デュアル周波数測定機能

家庭用の体組成計は1つの周波数の電流をからだに流し、電気抵抗値を算出する機能となっています。

一方、タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと同等機能には、「TANITA 4C Technology」を取り入れたインナースキャンデュアル方式があります。

インナースキャンデュアル方式とは2つの周波数(デュアル周波数) で体の組成を測定します。

これにより安定した測定を実現するほか、細胞レベルの分析が可能となり、「筋肉の質」を評価する「筋質点数」を表示することができるようになっています。

インナースキャンデュアル方式は、リアクタンステクノロジーよりもさらに進化した測定方法です。

高周波と低周波の2つの周波数の電流で測定を行うことで、より正確な測定ができます。

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDでは、医療分野や研究施設で使われるプロフェッショナル体組成計の先進技術を家庭用体組成計に取り入れています。

従来型のシングル周波数測定をさらに進化させ、医療分野で使用されるデュアル周波数(=2種類の周波数)測定を家庭用体組成計に採用。

これにより、筋肉の質がわかるようになっています。

リアクタンステクノロジー

生体組織の等価回路モデル生体組織は細胞とその間を満たす細胞外液から構成されており、さらに細胞は細胞内液と細胞膜から構成されています。 電気的に、細胞内液・細胞外液は抵抗成分(レジスタンス)、細胞膜は容量成分(リアクタンス)とされ、これを電気的等価回路に表すと図2のようになります。このようにレジスタンスとリアクタンスを計測することで、細胞内液・外液と細胞膜の情報を得ています。従来のインピーダンス計測では、レジスタンスとリアクタンスが合成されている数値しか得ることが出来ませんでした。タニタでは従来のインピーダンス計測から、さらに詳しくレジスタンスとリアクタンスを別々に計測する「リアクタンステクノロジー」を開発しました。生体組織からの電気的情報を増やすことで生体組織の細胞レベルの変化を捉えることができるようになり、個人差を反映した分析や、日中の水分変動の影響を小さくすることに成功しました。

参照元:https://www.tanita.co.jp/health/detail/37

充実の測定項目

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと同等機能として、下記の7項目を本体でも表示。

① 体重

② 体脂肪率

体内に蓄積された脂肪のことを体脂肪といいます。

体重に占める体脂肪の割合を体脂肪率といい、体脂肪率(%)=脂肪量(kg)÷体重(kg)×100で表されます。

体脂肪が過剰に蓄積された状態が肥満とされています。

③ 内臓脂肪

腹腔内の内臓の隙間に付く脂肪のことです。
メタボリックシンドロームに代表されるように、内臓脂肪の過剰な蓄積は循環器系疾患などの生活習慣病の発症と密接な関係があるとされています。

④ 筋肉量

姿勢を保ったり心臓を動かしたりしている、筋肉組織の重さです。

筋肉量は、統計的に見ると成長に合わせて20才ごろまで増加し、その後、維持期を経て加齢とともに徐々に減少する傾向があります。

成長期は筋肉量が急激に増加する時期ですから、バランスのとれた食事と適切な運動が大切です。

健常な成人においては、筋肉量が減るとエネルギー消費も減るため、脂肪が蓄積されやすくなって生活習慣病などの原因にもなります。

中高年以降も、日常生活の中に適度な運動を継続的に取り入れ、筋肉量の減少を防止するよう心がけましょう。

⑤ 推定骨量

からだを支えたり内臓や脳を保護するなど、大切な役割を果たす骨。その骨全体に含まれるカルシウムなどのミネラルの量を「骨量」といいます。

正しくは「骨塩量」といいますが、タニタでは一般的に用いられている「骨量」と表示し、脂肪以外の組織(除脂肪量)との相関関係をもとに統計的に推定した「推定骨量」を表示します。

⑥ BMI

「Body Mass Index」の略で、身長と体重のバランスを表す指数です。

国際的にも広く普及し、からだの中に占める脂肪量との相関が高いことからWHOや日本肥満学会をはじめ、さまざまな学会で肥満と低体重のスクリーニングとして使われています。

BMIは体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で算出します。

⑦ 筋質点数

筋質点数とは、「筋肉の質」を点数(0~100点)で評価したものです。

加齢や運動不足によって、筋肉量が減ってしまうことは以前からよく知られていますが、近年ではこれに加えて筋肉内にコラーゲンや脂肪などの筋線維以外の組織が増えるといった「質」の変化が注目されています。

筋肉は「筋線維」と「筋線維をとりまく組織(水分や脂肪、結合組織)」の集合体です。

乳幼児のころは筋線維が細く、発育とともに筋線維は太く密になりますが、加齢に伴い筋線維が細くなることや、数が少なくなるという報告があります。

筋力の衰えや、身体機能の低下は「筋肉量」だけでなく、このような「筋肉の質(状態)」も影響すると考えられています。

このような筋肉組織の状態を「筋質」と名付け、これを評価する新たな指標として「筋質点数」という数字で筋肉組織の度合いを数値化しています。

 

より正確性を高めたタニタ体組成計RD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

従来機能で十分と考えるタニタ体組成計RD-503 RDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

乗るピタ搭載

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと同等機能として、1度登録すればあとは乗るだけで測定・表示する「乗るピタ」搭載。

iPhone・Androidスマートフォンと連携機能

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと同等機能として、Bluetooth通信に対応し、対応のiPhone・Android端末にデータを転送することができます。

このことによって、日々の運動などの状態をアプリでデータ管理ができます。

長期的な記録が、スマホでいつでも確認でき、

自動でグラフ化するので変化がわかりやすいので、日々のレーニングに役立ちます。

 

バックライトで分かりやすい液晶表示

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと同等機能として、3色(赤・黄・緑)のバックライトで測定結果の判定が直感的にわかるようになっています。

 

より正確性を高めたタニタ体組成計RD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

従来機能で十分と考えるタニタ体組成計RD-503 RDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDと向いているのはどっち

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDで向いているのはどっちかについて検討しました。

その結果

タニタ体組成計RD-914L WHが向いている方は

・ 4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値で体組成を管理したい方

・ 脈拍も同時に管理したい方

 

タニタ体組成計RD-503 RDが向いている方

・ 従来の機能で十分と考えている方

・ 体重を50g単位まで測りたいと考えている方

・ コストパフォーマンスを優先する方

 

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いを比較のまとめ

いかがでしょうか?

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いについて、調べてみました。

その結果、

タニタ体組成計RD-914L WHとRD-503 RDとの違いは、下記の3点あることが分かりました。

・ 4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現

・ 脈拍測定機能を搭載

・ 体重測定の単位の違い

とくに、この3点の中で「4C Technology搭載でより健康指標の正確性を高めた数値を実現」によって、タニタ体組成計RD-914L WHは、体組成測定器として格段の精度向上が図られているようです。

 

より正確性を高めたタニタ体組成計RD-914L WHを見たい方は下記をクリックしてください。

 

従来機能で十分と考えるタニタ体組成計RD-503 RDを見たい方は下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介