PR

ハイセンス50U8FGと50U7FG違いを比較!8つの違いを徹底解説


ハイセンス 50U8FGと50U7FG違いを比較!6つの違いを徹底解説


コストパフォーマンスも良いハイエンドモデル中国製ハイセンスの最新機種50U8FGとミドルレンジモデル50U7FG取り上げ、どれぐらいの違いがあるのかを徹底比較検討していきます。

50U8FGと50U7FG違いの主な項目としては、映像エンジンの違いです。

具体的には、

・ 50U8FGは、AIテクノロジーを搭載し、従来のNEOエンジンplus 2020より質感表現やノイズ処理がパワーアップしたNEOエンジンplus 2021を搭載。

50U7FGは、人肌表現などの質感表現やノイズ処理が進化した新しいNEOエンジン 2021を搭載。

 

また、ハイエンドモデルとミドルレンジモデルということで、価格差は想定以上かもしれません。

・ 50U8FGと50U7FGの価格差:5万3千円(2022年3月時点のアマゾンの価格。価格は日々変動します。)

 

ハイエンドモデル50U8FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ミドルレンジモデル50U7FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンスハイエンドモデル50U8FGとは?

ハイセンスハイエンドモデル50U8FGとは、4K放送を受信できる4Kチューナー内蔵ハイエンドモデルのテレビ。

ハイセンス50U8FGの特徴は、東芝ソリューションと共同開発した映像処理エンジン、2021NEOエンジンplusを搭載して放送番組などを高画質化していることです。

また、ADSパネルを搭載したことによって、正面から見ることができない場所からも色褪せることなく映像が視聴できます。

ハイセンス50U8FGと50U7FG違いを比較

ハイセンス50U8FGと50U7FGとの違いは、大きく下記の8点あることが分かりました。

・ 映像エンジンの違い

・ AIシーン別超解像処理機能

・ AIモーション別超解像処理機能

・ ローカルディミングplus

・ 120Hz倍速パネル搭載

・ ADSパネル搭載

・ ウーファー内蔵

・ スイーベルスタンド搭載

50U8FGのAIテクノロジーを駆使した映像エンジンを搭載した機能を中心に、ハイセンス50U8FGと50U7FGの主な違い8項目について、次に説明していきますね。

映像エンジンの違い

ハイセンス50U8FGには、

・ AIテクノロジーを搭載

・ 従来のNEOエンジンplus 2020より質感表現向上

・ ノイズ処理がパワーアップした

NEOエンジンplus 2021が搭載されています。

 

ハイセンス50U7FGには、

・ 細部に宿る感動まで引き出すための精細感を引き上げる超解像

・ 進化させたノイズ処理

・ 人肌表現などの質感表現の向上させた

NEOエンジン 2020を進化させたNEOエンジン 2021が搭載されています。

ハイセンス50U8FGと50U7FGの映像エンジンの大きな違いは、AI処理による高画質化処理に尽きます。

多分、想像ですが、plusというのが、AI処理を表しているのではないかと思います。

AIシーン別超解像処理機能

ハイセンス50U8FGに搭載されているAIシーン別超解像処理機能とは、

AIが、シーンごとに、

具体的には、普通の映像や太陽光を浴びた木々の映像など

シーン適した画像処理を行って、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現。

ギラツキの少ない映像へと変換します!

AIモーション別超解像処理機能

ハイセンス50U8FGに搭載されているAIモーション別超解像処理機能とは、

AIが映像の動きのスピードを自動的に判別し、

AIがスピードにあった映像ごとに、適切な画像処理を行う機能。

動作のゆっくりした映像

スピード感のある映像

具体的には、バルーンなど動きの少ない映像やサッカーなど動きの激しい映像

ごとに、ノイズリダクション(ノイズリダクション  とは、映像の信号に含まれるノイズを抑圧・軽減する、信号処理こと)を実施。

動きによって異なる映像を動きに合わせた適切な画像処理を行い、ノイズを抑えたクリアな映像すなわち高画質な映像を作り上げています。

ハイエンドモデル50U8FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ミドルレンジモデル50U7FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ローカルディミングplus

ハイセンス50U8FGに搭載されているローカルディミングplusとは、

直下型LEDバックライトをエリアごとに分割して制御する機能をいいます。

この機能によって、目に映る引き締まった黒とメリハリの効いた鮮やかな描写を行い、高画質な映像をつくりあげています。

120Hz倍速パネル搭載

ハイセンス50U8FGに120Hz倍速パネルが搭載されていることによって、

・ サッカーなどトップアスリートの瞬発力

・ レーシングカーやボートレースなどのコーナリング

などが、 残像感の少ないクリアな映像で楽しめます。

ADSパネル搭載

ハイセンス50U8FGに搭載のパネルは、VAパネルからADSパネルに変更されています。

斜めからでも見やすいハイコントラストで高画質なADSパネルを採用。

ADSパネルとは?

ADS(Advanced super Dimension Switch)パネルとは、視野角が、上下・左右178°となっていて、IPS(IN Plane Switching)方式同様、性能バランスに優れた液晶パネルです。

高音質機能:ウーファー内蔵

ハイセンス50U8FGには、左右のスピーカーに加えて、テレビ背面にウーファーを内蔵。

従来の薄型テレビでは実現できなかった迫力の重低音を、

外付けの音響機器を使用することなくいつでも重低音を満喫することができます。

スイーベルスタンド搭載

ハイセンス55U8FGに新たに組み込まれたスイーベルスタンドは、画面の角度を左右に30°回転させることが可能。

部屋の設置場所や視聴位置に合わせて、

テレビを見やすい角度に向けることができます。

 

ハイエンドモデル50U8FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ミドルレンジモデル50U7FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス50U8FGと50U7FGと同等機能

ハイセンス50U8FGと50U7FGと同等機能には、下記の7つがあります。

[AIネット映像高画質処理]

AIネット映像高画質処理とは、

ネット配信のコンテンツを分析し、

コンテンツに合わせて色濃度/超解像処理/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行い、

低クオリティコンテンツから高クオリティコンテンツまで、

高いコントラストと自然な色彩で表情豊かな映像を実現します。

[美肌リアリティー]

美肌リアリティーとは、肌に光が当たって白飛びしてしまった部分の色調をきめ細やかに描き出すことで、透明感のある美しい肌の質感をよりリアルに再現。

[高精細ノイズ処理]

高精細ノイズ処理とは、映像のエッジ部や平坦部を識別しノイズの種類に合わせて処理ことを言います。

さらに、文字の周りやエッジ周辺に出やすいモスキートノイズや処理範囲が広いときに出るブロックノイズも低減します。

この結果、ざらつきを抑えた鮮明な映像になるため、放送番組などに集中することができます。

[テクスチャー復元]

テクスチャー復元とは、彩度に適した輝度になるように調整し、コントラストを際立たせて引き締めることによって、奥行きや質感の伝わる立体的な映像に仕立て上げることです。

色の濃い部分も丁寧に描き出し、質感豊かな映像を実現。

【Eilex Prism】:高音質

Eilex PRISMは、スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づく、最先端の音響最適補正技術です。

Eilex PRISMのVIRフィルターによって、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現し、音楽や映画などをアーティストが意図した通りに再生する事ができます。

Eilex PRISMには

・ 「サウンドリマスター」、

・ 「サラウンドスペース」、

・ 「オートボリューム」、

・ 「クリア音声」

の4種の機能が用意されています。

【録画機能】

録画機能は、外付けHDD録画(市販のUSB HDDを接続可能)、BS/CS 4K録画対応、新4K衛星放送の録画に対応しています。

具体的な機能として、

・ 裏番組録画対応、

・ チャプター機能、

・ 簡単連続録画予約、

・ マイフォルダ 便利な再生機能:スロー再生、

・ 早送り再生、

・ 追っかけ再生、

・ 録画リスト、

・ 続きから再生

などがあります。

なお、4K放送の裏番組録画はできないので注意が必要。

【ネット動画対応サービス】

ネット動画対応サービスとしては、下記のサービスを用意。

サービスを受けるためには、別途、サービスを提供している会社との契約が必要となる場合もあります。

Netflix、Youtube、Disney+、Amazon Prime Video、Abema TV、hulu、dTV、U-NEXT、DMM.com、 スカパー! on demand、TSUTAYA TV、ひかりTV 4K、acTVila、Rakuten TV、Paravi

商品サイズ ‎

・ ハイセンスの50U8FG:111.8×67.5×29.1 cm

50U7FGと比較すると厚さが増して、高さが低くなっています。

厚さが増している理由は、おそらく、

50U8FGの音質効果を上げるための

ウーファーが内臓されたことによると思います。

・ ハイセンス旧版50U7FG   :111.7×70.5×25.1 cm

重量

・ ハイセンス50U8FG:17.3Kg

・ ハイセンス50U7FG:11.8 Kg

重量の違いは、スイーベルの差ではないでしょうか。

消費電力

・ ハイセンス50U8FG:220W

・ ハイセンス55U7FG:140W

ワット数の差は、ウーファー内蔵のためかもしれませんね。

 

ハイエンドモデル50U8FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ミドルレンジモデル50U7FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス50U8FGと50U7FG向いているのは?

ハイセンス50U8FGと50U7FG違いを中心に説明してきました。

どちらを選べばよいのか、迷うところですが、機能差・装備の差を見て判断してみました。

映像をとるのか、音質をとるのかでも判断が別れると思います。

ハイエンドモデル50U8FGが向いている人

・ 徹底的に映像にこだわりがある人、

・ 音質重視でみるとアクション系やハードボイルド系映画やドラマが好きな人

 

映像、音質などを重視の方は、下記をクリックしてください。

 

ミドルレンジモデル50U7FGが向いている人

・ 一般的なドラマなどを中心としてみる人

・ 消費電力ができるだけ少ないほうが良いと思っている人

何よりもコストパフォーマンスを重視する方は、下記をクリックしてください!

 

ハイセンス50U8FGと50U7FG違いを比較のまとめ

ハイセンス50U8FGと50U7FG違いを比較について説明してきました。

一番大きな違いは、映像エンジンです。

具体的には、

・ 50U8FGは、AIテクノロジーを搭載し、従来のNEOエンジンplus 2020より質感表現やノイズ処理がパワーアップしたNEOエンジンplus 2021を搭載。

50U7FGは、人肌表現などの質感表現やノイズ処理が進化した新しいNEOエンジン 2021を搭載。

50U8FGは、AIテクノロジーを搭載していることが特徴で、商品の価格差5万円にもつながっていると思います。

 

ハイエンドモデル50U8FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ミドルレンジモデル50U7FGをみたい方は下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介