PR

ハイセンス 50U7FGと50U7F 違いを比較!向いているのはどっち?


ハイセンス 50U7FGと50U7F 違いを比較!向いているのはどっち?


ハイセンス 50U7FGと50U7F 違いを比較してみました。

違いの主なものは、映像エンジンがNEOエンジン 2020からNEOエンジン 2021に進化していることです。

映像エンジンの進化に伴い、大きな違いが二つあります。

・ AI技術によるネット映像高画質処理

・ 美肌リアリティー

詳しくは本文で説明していますのでご覧ください。

 

NEOエンジン 2021搭載の50U7FGを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

NEOエンジン 2020搭載の50U7Fを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 50U7FGってどんな商品?

ハイセンスの中でも4Kチューナー内蔵のミドルレンジテレビです。

特に、テレビ番組などを高画質化するための映像エンジンが、東芝ソリューションズとの共同開発したNEOエンジン 2021を搭載していることが特徴となっています。

新しいNEOエンジン 2021とは、精細感を引き上げる超解像やSDR映像からHDR映像への変換など従来の処理は継承しつつ、

さらに人肌表現などの質感表現やノイズ処理が進化した映像エンジンです。

HDRとは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称で、従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できる表示技術です。

下図の通り、一般的なSDR映像では日陰が黒つぶれしたり日向が白飛びしたりしますが、HDR映像では明るい部分と暗い部分どちらの階調も犠牲にすることなく、より自然でリアルな描写が可能になります。

HDRは次世代の高画質技術として注目されており、Netflixをはじめとする動画配信サービスやUHD Blu-rayではすでにHDRで作成されたコンテンツの配信が始まっています。

■明暗差の大きい映像の見え方の違い(イメージ図)

SDRでの見え方
日陰の暗い部分が黒つぶれ

SDRでの見え方
日陰の黒つぶれを防ぐと日向が白飛び

HDRでの見え方

参照元:https://www.eizo.co.jp/eizolibrary/color_management/hdr/

 

ハイセンス 50U7FGと50U7F 違いを比較

ハイセンス 50U7FGと50U7Fとの大きな違いは、映像エンジンがNEOエンジン 2020からNEOエンジン 2021にバージョンアップされ高画質化を実現していることです。

違いについては、画質、音質、その他で比較していきます。

映像エンジンによる画質の違い

ハイセンス 50U7FGと50U7Fの画質の違いとしては、映像エンジンの違いによるものです。

違いは、2点あります。

・ AI技術によるネット映像高画質処理

・ 美肌リアリティー

AI技術によるネット映像高画質処理

ハイセンス 50U7FGでは、ネット配信の映像を、見間違えるほどの美しい映像とするために、

ネット配信の放送番組の映像情報を分析し、放送番組の映像内容に合わせて色濃度(色の濃淡)や超解像処理、輝度(明るさ)、ダイナミックガンマ補正などについて最適な映像処理を行います。

この映像処理の結果、

・ 映像クオリティの低い放送番組

・ 映像クオリティの高い放送番組

まで、高いコントラストと自然な色彩で表情豊かな映像へと変化させてくれます。

美肌リアリティー

肌の美しい質感を実物に近いレベルで再現するために、

肌に光が当たって白飛びしてしまった映像部分の色調をきめ細やかに描き出すことで、

透明感のある美しい肌の質感をより実物に近いレベルで再現します。

50U7Fより継承されている機能

50U7FGには、50U7Fより継承されている機能として、下記の3点があります。

・ 高精細ノイズ処理

・ テクスチャー復元による高精細化

・ 4K復元

次にそれぞれについて説明していきますね。

高精細ノイズ処理

 

50U7FGには、50U7Fより継承されている機能として、放送番組のドラマなどに夢中になっているあなたを、ノイズによって、気を散らさないようにしてくれる高精細ノイズ処理きのうがあります。

ざらつきを抑えた鮮明な映像にすることによって、今まで以上にドラマなどの放送番組の映像に集中することができます。

具体的には、映像のエッジ部や平坦部を識別しノイズの種類に合わせて処理することで、下記の二つのノイズの軽減化を図っています。

・ とくに、文字の周りやエッジ周辺に出やすいモスキートノイズの低減

モスキートノイズとは、デジタル画像圧縮画像において輪郭部分や色の変化の激しい部分で起こる画像の乱れをいいます。

・ 処理範囲が広いときに出るブロックノイズの低減

ブロックノイズとは、テレビの映像の一部または全部が乱れて、四角いブロック状のモザイクになってしまう現象のこと

 

テクスチャー復元による高精細化

50U7FGには、50U7Fより継承されている機能としてテクスチャー復元による高精細化きのうがあります。

具体的には、一目で触った感触がわかるほどに、

彩度に適した輝度になるように調整し、

コントラストを際立たせて引き締めることによって、奥行きや質感の伝わる立体的な映像に仕立て上げ、まるで、実物がその場所にあるかのような映像を提供してくれます。

色の濃い部分も丁寧に描き出し、質感豊かな映像を実現。

4K復元

50U7FGには、50U7Fより継承されている機能として、4K放送番組など4K映像は、もちろん、地上波放送や衛星放送も4K映像のように美しく再現します。

4K復元時に出やすいノイズを低減することで、

通常行われるアップコンバートでも、自然でなめらかな4K映像として復元することができます。

 

NEOエンジン 2021搭載の50U7FGを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

NEOエンジン 2020搭載の50U7Fを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

パネル関係:50U7Fより継承

パネルについては、50U7FGには、50U7Fより継承されVAパネルが搭載されています。

VAパネルの特徴としては、IPSやADSパネル( ADSパネルとは、上下・左右178°の広視野角で、IPS方式同様、性能バランスに優れた液晶パネルです。大人数でみるテレビに適しています)に比べ、

正面からのコントラスト表現に優れ、立体感のある映像を映し出すことができます。

VAパネルは視野角は狭く、斜めから見ると白く見えると言われています。

ただし、50U7FGと50U7Fともソフトウェアでパネルの駆動を工夫することによる広視野角を実現するワイドビューアングルという技術を用いています。

なので、VAパネルだからと言って広視野角がみずらいということをあまり気にし過ぎる必要はないです。

高音質関連:50U7Fより継承

50U7FGには、50U7Fより継承されている機能として

Eliex Prism搭載。

Eilex PRISMとは、スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づく、最先端の音響最適補正技術です。

Eilex PRISMのVIRフィルターによって、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現し、音楽や映画などをアーティストが意図した通りに再生する事ができます。

薄型テレビの音声には、どうしても限界があります。

アクション系や爆発音など迫力のある音声を聞きたいかたは、サウンドバーを使用するのもよいかもしれません。

具体的な記事を書いていますので、参考にどうぞ→ソニー サウンドバー HT-S200FとHT-S100F違いを比較!向いているのはどっち?

録画関連:50U7Fより継承

50U7FGには、50U7Fより継承されている録画機能として、外付けHDD(市販のUSB HDDが接続可能)に録画することができます。

録画できる番組は、BS/CS 4K録画対応、新4K衛星放送の録画に対応。

また、地デジは、裏番組録画対応することができます。

残念ながら、4K放送の裏番組録画はできません。

地上デジタル/BS/110°CSの3波に3チューナーを搭載。

新4K放送は1チューナーとなっています。

動画配信サービス:50U7Fより継承

50U7FGには、50U7Fより継承されている動画配信サービスとしては、

Netflix、Youtube、Disney+、Amazon Prime Video、Abema TV、hulu、dTV、U-NEXT、DMM.com、 スカパー! on demand、TSUTAYA TV、ひかりTV 4K、acTVila、Rakuten TV、Paravi

があります。

なお、サービスを受けるためには、別途、サービスを提供している会社との契約が必要となる場合もあります。

商品サイズ違い比較:ほとんど同一

ハイセンス50U7FG   :111.7×70.5×25.1 cm

ハイセンス50U7F   :111.2×70.4×25.0

商品の重量違い比較

ハイセンス50U7FG:11.8 Kg

ハイセンス50U7F:12.3kg

ハイセンス50U7FGのほうが若干軽くなっていますね。

消費電力の違い比較

ハイセンス50U7FG:140W

ハイセンス50U7F:130W

ハイセンス50U7FGのほうが若干消費電力が高いですね。

 

NEOエンジン 2021搭載の50U7FGを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

NEOエンジン 2020搭載の50U7Fを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ハイセンス50U7FGと50U7F向いているのは?

ハイセンス50U7FGと50U7F向いているのは、機能差で選ぶのか価格で選ぶのか迷うところです。

ハイセンス50U7FGが向いている方

・ とにかく、映像がきれいであることを望む方

・ ネット配信の映像を綺麗に見たい方

 

ハイセンス50U7Fが向いている方

・ 映像の高画質化よりもコストパフォーマンスを優先する方

 

ハイセンス 50U7FGと50U7F 違いを比較のまとめ

ハイセンス 50U7FGと50U7F 違いを比較について説明してきました。

大きな違いは、映像エンジンがNEOエンジン 2020からNEOエンジン 2021に進化していることです。

映像エンジンの違いによって、画質が向上しています。

画質の違いとしては、2点あります。

・ AI技術によるネット映像高画質処理

・ 美肌リアリティー

その他の高画質化処理や高音質などについては、基本的に、50U7Fから継承されています。

 

NEOエンジン 2021搭載の50U7FGを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

NEOエンジン 2020搭載の50U7Fを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介