PR

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hとの違いを比較


ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hとの違いを比較


ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hとの違いを比較してみました。

結論から言うと、

40E40Hと40A40Hは、仕様、サイズ、重量、取扱説明書など同じで、流通しているルートが違うだけで、テレビとしての性能は同じです。

つまり、型番が違うだけです。

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40A40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hってどんな商品?

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hは、映像エンジンとして、NEOエンジン2Ksmart搭載 していて、かつ、 3波Wチューナーを内蔵しています。

4Kで培った高画質処理技術で、2Kの映像コンテンツ(放送番組など)をよりきれいにしてくれます。

さらにsmartテレビのために、ネット動画用の高画質処理機能を追加し、
よりコンテンツ(放送番組など)に適した高画質を実現しているフルハイビジョンの液晶テレビです。

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hとの違いを比較

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hとの違いを比較してみました。

結果としては、型番の違いだけで、テレビの性能などは全く同じです。

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hと同等機能

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hと同等機能には下記の8点がありました。

・ 映像エンジンとして、NEOエンジン2Ksmart搭載

・ AIネット映像高画質処理

・ エリア別クリア復元

・ クリアノイズ処理

・ 直下型バックライト

・ ゲームモード

・ Eilex PRISM

・ 動画配信サービス

映像エンジンとして、NEOエンジン2Ksmart搭載

40E40Hと40A40Hと同等機能として、4Kで培った高画質処理技術で、映像をよりきれいにしてくれる映像エンジンとして、NEOエンジン2Ksmart搭載。

さらにsmartテレビのために、ネット動画用の高画質処理機能を追加し、
よりコンテンツに適した高画質を実現。

AIネット映像高画質処理

40E40Hと40A40Hと同等機能として、AIネット映像高画質処理を行います。

AIネット映像高画質処理とは、ネット配信の映像やVODコンテンツを分析し、色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行うことをいいます。

さらに、低解像度から高解像度のコンテンツまで、様々な映像を高品位に再現します。

エリア別クリア復元

40E40Hと40A40Hと同等機能として、エリア別クリア復元処理を行います。
エリア別クリア復元とは、映像の特徴に合わせて画面上の複数のエリアを解析することをいいます。
具体的には、
・ ディテールの細かいエリアは精細感を引き上げます。
・ ノイズが目立ちやすい平坦なエリアは、より滑らかな映像表現となるようノイズリダクションを実施。

クリアノイズ処理

40E40Hと40A40Hと同等機能として、クリアノイズ処理を行います。
クリアノイズ処理とは、映像のエッジ部や平坦部を識別し、ノイズの種類に合わせてよりクリアになるように処理することをいいます。
具体的には、
・ 小さな文字の周りやエッジ周辺、
・ 処理範囲が広いときに出る様々なノイズ
を低減します。

直下型バックライト

40E40Hと40A40Hと同等機能として、画面が均一に明るく、明暗部の色ムラが少ない直下型バックライトを採用しています。

これによって、豊かな発色で鮮やかな映像を再現することができます。

テクスチャー復元

一目で触った感触がわかるほどに、彩度に適した輝度になるように調整し、コントラストを際立たせて引き締めることによって、奥行きや質感の伝わる立体的な映像に仕立て上げています。

色の濃い部分も丁寧に描き出し、質感豊かな映像を実現しているようです。

ゲームモード

40E40Hと40A40Hと同等機能として、低遅延モード搭載。

ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく、特にFPSや格闘、アクションゲームなど判定にシビアなゲームに最適です。

Eilex PRISM

40E40Hと40A40Hと同等機能として、Eilex PRISMを搭載しています。

Eilex PRISMは、スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づく、最先端の音響最適補正技術です。

Eilex PRISMのVIRフィルターによって、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現し、音楽や映画などをアーティストが意図した通りに再生する事ができます。

Eilexが開発したPRISMTM (Primary Sound Measurement) 技術は、スピーカの音響パワー体積密度APVD (Acoustic Power Volume Density) 周波数特性を測定し、それを新開発のVIRTM (Variable Resolution Impulse Response) フィルタを使ってイコライジングする技術です。

PRISMは、スピーカの前面近傍を覆う立体空間のAPVD周波数特性を測定し、単独あるいは複数のドライバから出た音が干渉する事による所定の立体空間内での音の強調や減衰も検知、それを統合した実効値をフラットあるいは望まれる周波数特性に合わせます。しかも群遅延を合わせることでタイム・アライメントが揃い、その結果位相のずれが少なくなります。APVD周波数特性がフラットに補正されると、スピーカから出て来る音は限りなく原音(ソース)に近づき、その位置にボーカルや楽器があるのと等価の状態を作り出します。

参照元:https://eilex.jp/prism/

自動音声モード

40E40Hと40A40Hと同等機能として、自動音声モードを搭載しています。

自動音声モードとは、電子番組表の内容に合わせて低音強調やサラウンド、イコライザ―などを自動調整することをいいます。

なので、面倒な操作をすることなく、聴きやすい音質で番組を楽しむことができます。

ただ、このような音質の特徴があっても、音質に不満を感じる方がいると思います。

そんな方は、サウンドバーを利用することで、映画館でテレビなどの番組を見る感覚に浸ることができかもしれません。

ソニー サウンドバー HT-S200FとHT-S100F違いを比較!向いているのはどっち?

動画配信サービス

40E40H動画配信サービス

40E40Hと40A40Hと同等機能として、動画配信サービスを提供しています。

具体的には、下記の動画配信サービスを提供しています。

YouTube、NETFLIX、Amazon Prime Video、Disney+、Abema TV
hulu、dTV、U-NEXT、RakutenTV、Paravi、DMM.com、SPOOX

なお、動画配信サービスを利用するには、別途、契約が必要となる場合があります。

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40A40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hで向いているのは?

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hで向いているのはどっちでしょうか?

基本的にテレビの性能はおなじなので、販売されている価格が決め手となると思います。

なので、その時の販売価格を調査して安い商品を購入したらよいと思います。

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40A40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hとの違いを比較のまとめ

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hと40A40Hとの違いを比較について説明してきました。

結論としては、液晶テレビ 40E40Hと40A40Hのテレビの性能に違いはなく、型番の違いだけということが判りました。

なので、商品を購入する際は、販売価格の安いほうを購入したらよいと思います。

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40E40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ 40A40Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介