PR

ミドルレンジ55V型4Kテレビ2023年おすすめ3選!10万円代で購入可?


ミドルレンジ55V 4Kテレビ2023年おすすめ3選!10万円代で購入可?


4Kテレビは今や一般的になり、画面サイズが55Vのミドルレンジでも10万円代で入手可能です。今回は、10万円代で手に入るおすすめの4Kテレビを3つ紹介します。

以下がミドルレンジとしておすすめのモデルです。

  1. レグザ 55Z570K
    • レグザは高品質なテレビのブランドとして知られており、55Z570Kモデルは優れた4K映像品質を提供します。鮮やかな色彩と高い解像度により、映画やゲームを楽しむのに適しています。価格は高目です。
  2. ハイセンス 55E7H
    • ハイセンスの55E7Hは、予算にやさしい価格で高品質な4K視聴体験を提供します。スマートTV機能も充実しており、多くのストリーミングサービスを楽しむことができます。価格は多少低めです。
  3. TCL 55C646
    • TCLの55C646は、QLEDパネルを採用し、鮮やかな色合いと高い輝度を実現します。4K解像度とQLED技術により、映画やスポーツをリアルに楽しむことができます。

これらのモデルは、4Kテレビを手頃な価格で入手したい方におすすめです。

レグザ 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 55E7Hを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

TCL 55C646を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

4kチューナ内蔵ミドルレンジ55Vテレビを選ぶ際のポイント

4Kチューナ内蔵のミドルレンジ55Vテレビを選ぶ際のポイントとして、以下の条件を考慮しました。

  1. 画像が従来のフルハイビジョンテレビより高画質であること
  2. 外付けハードディスクに録画できること
  3. ネット配信映像が受信できること
  4. 購入価格が10万円代であること

これらの条件に合致するテレビとして、以下の3機種を選びました。それぞれの概要について説明します。

  1. レグザ 55Z570K
    • このテレビは、従来のフルハイビジョンテレビよりも高画質な4K映像を提供します。外付けハードディスクに録画でき、録画機能を活用して番組を保存できます。また、ネット配信映像も受信できるので、さまざまなコンテンツを楽しむことができます。価格も10万円強で手に入ります。
  2. ハイセンス 55E7H
    • ハイセンスの55E7Hも4K画質で、外付けハードディスクに録画でき、ネット配信もサポートしています。価格は予算内であり、高品質な視聴体験を提供します。
  3. TCL 55C646
    • TCLの55C646は、QLEDパネルを搭載し、鮮やかな画質を提供します。外付けハードディスクへの録画機能もあり、ネット配信映像を楽しむことができます。10万円弱の価格帯で利用できる高性能モデルです。

これらのテレビモデルは、4K映像、録画機能、ネット配信に対応し、予算内で入手可能です。

レグザ  :55Z570K

画像が従来のフルハイビジョンテレビより高画質であること

映像エンジン、レグザエンジンZRⅠを搭載。

レグザエンジンがさらに進化。高速レスポンス、進化したノイズリダクション、36色の多色軸処理、快適な操作性を備え、地デジはもちろん、4K放送やネット動画も高精細に楽しめます

4Kビューティ

4Kビューティとは、細かい絵柄、平坦な絵柄など、ブロックごとの映像の種類を検知。

・ 絵柄に応じて適切な復元処理を実施

・ ノイズを抑えながら

4K放送本来の美しさを再現

地デジAIビューティZRⅠ

地デジのノイズを低減し、映像を高精細に高画質化する技術。

・ テロップまでクッキリとした高画質化実現

・ 動きのある映像で発生する動きボケも抑え、クリアに再現。

・ 最新のデータベースに更新されたクラウドAI高画質テクノロジーで、

さらなる高画質を実現

クラウドAI高画質テクノロジーとは?

クラウドAI高画質テクノロジーとは、

最新のデータベースに蓄積された

・ 詳細ジャンル:アニメ、ドラマ、スポーツなど

・ コンテンツ:放送番組単位

の画質特性をネット回線を中継して、クラウド側から取得します。

そして、この取得した情報をもとに視聴中のコンテンツ(放送番組単位)にあった

パラメーターを用いて高画質処理を行い、高精細でリアルな高画質を実現。

ナチュラル美肌トーン

健康的で自然な質感の人肌を再現します。

具体的には、

・ 人肌の立体感や質感を向上させるとともに、黒ずみや白飛びなどを抑制し、自然な人肌を再現。

・ 撮影環境などの影響により不自然に感じるカラーシフトした人肌を自然で美しい色合いに再現。

ネット動画ビューティZRⅠ

ネット動画の特性に合わせて高画質処理することにより、コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生します。

さらに、「ナチュラル美肌トーン」が、ネット動画でも人肌を自然で美しい色合いに再現します。

直下型パネル

さまざまなコンテンツもあざやかに高コントラストで楽しめる直下型バックライトを採用。

外付けハードディスクに録画できること

BS 4K・110度CS 4Kチューナー:2個

地上デジタル(CATVパススルー対応)チューナー:3個

BS・110度CSデジタルチューナー:3個

いずれのチューナーも2個以上あるので、裏番組の録画やW録画ができます。

ネット配信映像が受信できること

ネット配信映像が受信できるのは、具体的に

AbemaTV 、Amazonプライムビデオ、DAZN、DMM.com、dTV、GYAO 、Hulu、U-NEXT、Youtube、Paravi、ひかりTV 、TVerなど

です。

購入価格が10万円代であること

ヤフーショッピングでの購入価格は、10万円強(2023年9月6日時点の価格です。最新価格は常に変動するので確認してください。アマゾンでは時々大幅割引となることがあるので価格チェックをするといいですね)と高目です。

レグザ 55Z570Kを見たい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス:55E7H

画像が従来のフルハイビジョンテレビより高画質であること

映像エンジン:NEOエンジンPro搭載

ハイセンス 55E7Hは、4K映像の高速処理に特化した最新の映像エンジン「NEOエンジンPro」を搭載しており、圧倒的な情報量を持つ4K映像を高品質で表示できます。

このエンジンは、2022年モデルの液晶テレビから初めて採用された映像エンジンであり、地デジ、4K放送、ネット動画、ゲームなど、さまざまなコンテンツを高画質で楽しむことが可能です。

[AIネット映像高画質処理]

ネット配信のコンテンツを分析し、コンテンツに合わせて色濃度/超解像処理/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行い、低クオリティコンテンツから高クオリティコンテンツまで、高いコントラストと自然な色彩で表情豊かに再現します

AIシーン別超解像処理

ハイセンス 55E7Hは、5層の深層学習を組み合わせたAIシーン別超解像処理を備えており、通常の映像とノイズの多い映像を自動的に識別します。

この機能により、各シーンに適した超解像処理を実施し、ノイズが少なく、細かなディテールが際立つ高画質を実現します。

肌の美しい質感をリアルに再現する美肌リアリティPro

ハイセンス 55E7Hは、美肌リアリティProを搭載しており、肌の美しい質感をリアルに再現します。

この機能は、白飛びや黒つぶれを抑え、色調を細かく描写することで、透明感あふれる美しい肌の質感を再現します。

さらに、撮影環境によって不自然に白飛びした肌も、美しい色彩で自然に再現します。従来の美肌リアリティに比べて一段と進化した機能と言えます。

AIシーン別超解像処理

ハイセンス 55E7Hは、5層の深層学習を組み合わせたAIシーン別超解像処理を備えており、通常の映像とノイズの多い映像を自動的に識別します。

この機能により、各シーンに適した超解像処理を実施し、ノイズが少なく、細かなディテールが際立つ高画質を実現します。

バックライト

バックライトとして、直下式LEDバックライト採用しています。

外付けハードディスクに録画できること

BS 4K・110度CS 4Kチューナー:2個

地上デジタル(CATVパススルー対応)チューナー:3個

BS・110度CSデジタルチューナー:3個

裏録かW録画ができます。

ネット配信映像が受信できること

ネット動画配信サービス

ハイセンス 55E7Hには、新たに追加されたボタンを使用して、9つの主要な配信プラットフォームを直接選択できます。

また、サポートされているネット動画サービスは以下の通りです。

  1. Netflix
  2. Amazon Prime Video
  3. Disney+
  4. YouTube
  5. Abema TV
  6. Hulu
  7. dTV
  8. U-NEXT
  9. Rakuten TV
  10. Paravi
  11. DMM.com
  12. SPOOX
  13. NET.TV

これにより、お好みのコンテンツに簡単にアクセスできます。

購入価格が10万円代であること

アマゾンでの購入価格は、9万円代と他の機種に比べて安いです(ただし、この価格は2023年9月5日時点です。価格は常に変動するので最新価格を確認してください)。

ハイセンス 55E7Hを見たい方は下記をクリックしてください。

 

TCL :55C646

画像が従来のフルハイビジョンテレビより高画質であること

Algo Engine Ⅱ搭載

映像の質感や深みが向上。

量子ドットLED技術「QLED」採用

量子ドットLED技術「QLED」を採用。

従来の液晶テレビより表示できる色域が広がり、

より豊かな色彩で自然に近いカラーを再現することができます。

QLEDとは、光の波長変換によって、より効率的に高純度のRGBの発色を確保するという技術だ。具体的には、液晶パネルとバックライトの間に直径2~10 nm(ナノメートル)サイズの半導体微粒子を持つ量子ドット光学シートを配置して、青色LEDで映像を照らし出すというもの。微細な量子ドットによって、光の波長を制御(波長変換)して発色するため、一般的に広く使われている白色LED(青色LEDに黄色の蛍光体を塗布したタイプ)に比べて、光のロスが少なく、明るさ、色域ともに有利だ。

4K/8K放送やUHDブルーレイでは、映像のダイナミックレンジを拡張するHDR方式とともに、自然界に存在する色のほとんど(99.9%)が表示できるBT2020という広色域規格が導入されているが、カバー率は約80%。一般的な液晶パネルの場合、同率は70%前後にとどまるだけに、その優位性は明らかだ。

参照元:https://online.stereosound.co.jp/_ct/17466084

 

DLG 120Hz 機能

ゲームプレイ時に応答速度とリフレッシュレートを最適化するために使用されます。DLGにより、映像のスキャンが最適化され、動きの滑ら かさと遅延の低減が実現されます。

バックライト

直下式LEDバックライト方式です。

直下式LEDとは、画面の端からではなくパネルの真後ろに全体が光るバックライトを配置する方式なんです。

画面を点で制御できるので、コントラスト豊かな映像を醸し出しやすいですね。

黒白のメリハリがつけやすいのもメリットの一つ。

これとは、別に、エッジ型という方式(従来のバックライトはほとんどこの方式)で、画面の端にLEDを配置して映像を制御します。

画面の中央部分が制御しにくいので、白浮きがおきやすいというデメリットがあります。

外付けハードディスクに録画できること

BS 4K・110度CS 4Kチューナー:2個

地上デジタル(CATVパススルー対応)チューナー:2個

BS・110度CSデジタルチューナー:2個

いずれのチューナーも2個あるので、裏番組の録画ができます。

ネット配信映像が受信できること

ネット配信映像が受信できるのは、具体的に

Netflix, Rakuten TV,hulu,U-NEXT,ABEMA,DAZN,FOD,AWA,prime video,dTV,TELASA,VideoMarket, Google play Movies&TV, Apple TV, YouTube

です。

購入価格が10万円代であること

アマゾンでの購入価格は、10万円弱(2023年9月5日時点です。最新の価格は変動することがあるので確認してください)。

TCL 55C646を見たい方は下記をクリックしてください。

 

ミドルレンジ55V型4Kテレビ2023年おすすめ3選のまとめ

おすすめの55Vチューナー内蔵テレビ ミドルレンジについて説明してきました。

以下は各モデルの特徴と詳細です。

  1. レグザ 55Z570K
    • レグザは一般的に高品質なテレビを提供しています。このモデルはミドルレンジよりも上位機に近い性能を持っているようです。高画質や快適な視聴体験を提供するでしょう。但し、価格は10万円強と高目かもしれません。
  2. ハイセンス 55E7H
    • ハイセンスの55E7Hは、コストパフォーマンスに優れており、価格が9万円代と比較的リーズナブルです。ミドルレンジにしては高性能で、予算に制約がある場合に適しています。
  3. TCL 55C646
    • TCLの55C646は、QLEDパネルを使用しており、高い画質と鮮やかな色彩を提供することが期待されます。QLEDテクノロジーは、色再現性に優れており、視聴体験を向上させます。

これらのモデルは、それぞれ特定のニーズや予算に合った選択肢です。高画質や高性能を求めるならレグザやハイセンスが良い選択肢ですが、予算を抑えつつも品質を犠牲にしたくない場合は、ハイセンスの55E7Hがおすすめです。また、TCLの55C646は、色彩にこだわりたいユーザーに向いているかもしれません。選択肢の中から自分のニーズに合ったテレビを選びましょう。

レグザ 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 55E7Hを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

TCL 55C646を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介