PR

シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1違いを比較


シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1違いを比較


シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1違いを比較してみました。

結論としては、主な違いは、下記の5点あることがわかりました。

・ 画像処理エンジンの進化:Medalist S2からMedalist S3へ

・ 高音質としてDolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応

・ インターネット動画として「Disney+」の新規サポート

・ Wi-Fi 6の新規サポート

・ HDMI端子接続としてeARC/ARCとALLMに対応

詳しくは本文で説明していきます。

シャープ 42V型  4T-C42EJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42DJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42EJ1ってどんな商品?

シャープの42V型 4T-C42EJ1は、画像処理エンジンとして「Medalist S3」を搭載しています。

Medalist S3は、革新的な映像エンジンであり、新たな映像モード「AIオート」を実現しています。この映像エンジンは、AIが100万通り以上の映像を学習したことにより、高度な映像処理を行うことができます。

「AIオート」モードでは、AIが人の顔や空などのオブジェクト情報を検知し、さらに放送ジャンル情報(映画、ドラマ、スポーツなど)と合わせて、色彩、明暗、精細感などを自動調整します。これにより、より臨場感のある映像を楽しむことができます。

シャープが開発したこの液晶テレビは、Medalist S3による高度な映像処理によって、視聴者により魅力的な映像体験を提供します。

映画やドラマ、スポーツなどのコンテンツをよりリアルで臨場感ある映像として楽しむことができるでしょう。AIの進化により、テレビの映像表現も飛躍的に向上し、エンターテインメントの楽しみ方を豊かにしてくれる液晶テレビです。

シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1違い

シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1違いを比較してみました。

その結果、違いは下記の5点あることがわかりました。

・  4T-C42EJ1の画像処理エンジンとしてMedalist S3搭載

・ 4T-C42EJ1の高音質実現に向けDolby Atmos®に対応

・ 4T-C42EJ1のインターネット動画として「Disney+」サポート

・ 4T-C42EJ1としてWi-Fi 6サポート

・  4T-C42EJ1としてHDMI端子にeARC/ARCとALLM対応

次にそれぞれについて説明していきます。

4T-C42EJ1の画像処理エンジンとしてMedalist S3搭載

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/picture/

新開発・AI高画質プロセッサー搭載の画像処理エンジン「Medalist S3」のプロセッサーが実現する新たな映像モード「AIオート」は、100万通り以上の映像を学習したAIを活用しています。

AIが検知する人の顔や空などのオブジェクト情報と、映画やドラマ、スポーツなどの放送ジャンル情報を合わせて、色彩・明暗・精細感を自動調整することによって、より臨場感のある映像を楽しむことができます。

また、AIが検知する人の顔や空などのオブジェクト情報と、映画やドラマ、スポーツなどの放送ジャンル情報を合わせて、色彩・明暗・精細感などのパラメータを自動で調整することによって、映像の種類にあわせた素晴らしい映像に仕立て上げていますよ。

4T-C42EJ1の高音質実現に向けDolby Atmos®に対応

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/sound/

映画館などの劇場で体験できるような立体音響を手軽に楽しむことができます。

Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)とは?

ドルビーアトモスは、従来のサラウンドサウンドに加えてさらにレイヤーを追加することで、エンターテイメントにおいてプレミアムな多次元サウンドを体験できる空間オーディオテクノロジーのパイオニアです。ゲームをしていても、お気に入りの映画や番組を見ていても、新曲を繰り返し聴いていても、より多くの音を聴き、感じられるように、Dolby Atmosが、その世界へと深く引き込む空間サウンド体験にあなたを誘います。

参照元:https://www.dolby.com/ja/technologies/dolby-atmos/#gref

4T-C42EJ1のインターネット動画として「Disney+」サポート

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/internet/

4T-C42EJ1のインターネット動画として「Disney+」サポートしています。

また、リモコンにも新規に「Disney+」ボタンを追加。このことによって、インターネット動画として、簡単に、「Disney+」を楽しむことができます。

4T-C42EJ1としてWi-Fi 6サポート

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/internet/

4T-C42EJ1としてWi-Fi 6をサポートしています。

Wi-Fiの規格が「Wi-Fi 6」と新しくなることで、一体私たちの生活にどんな影響があるのでしょうか。Wi-Fi 6で変わる大きなポイントとしては、まず通信のスピードアップが挙げられます。

Wi-Fi 5に比べると、およそ4倍~10倍も情報を処理するスピードが速くなるといわれています。最近ではスマートフォンで動画を見る機会が増えました。SNSでも動画広告が増えているので、今までと比べて動画もスムーズに閲覧できるでしょう。

Wi-Fiの規格ごとに「周波数」が2種類に分かれています。周波数には2.4GHz帯と5GHz帯があるのですが、Wi-Fi 6はその両方の回線を処理できるのです。

情報を処理するスピードだけではなく性能もあがるので、今までのWi-Fiよりもっとパワーアップ。一度に接続できる機器も増えるので、家の中にWi-Fi機器が増えても処理スピードが落ちることはないでしょう。

参照元:https://www.elecom.co.jp/pickup/contents/00024/

4T-C42EJ1としてHDMI端子にeARC/ARCとALLM対応

4T-C42EJ1は、HDMI端子にeARC/ARCとALLMに対応しています。

HDMI端子には、eARC(Enhanced Audio Return Channel)とARC(Audio Return Channel)という機能があります。これらは、テレビと他のオーディオ機器を接続する際に便利な機能です。

  1. eARC(Enhanced Audio Return Channel): eARCは、高度なオーディオ信号を伝送するための拡張版のARCです。通常のARCは、テレビからオーディオ機器への音声の戻し送りに利用されますが、eARCはより高品質な音声データを伝送することができます。これにより、ハイレゾ音源やオーディオフォーマットの伝送に対応し、より高音質な音声を楽しむことができます。
  2. ARC(Audio Return Channel): ARCは、テレビとオーディオ機器(例:サウンドバー、AVレシーバー)を一本のHDMIケーブルで接続し、テレビからオーディオ機器への音声を送る機能です。これにより、テレビの内蔵スピーカーで再生される音声を外部のオーディオ機器で高音質に再生できます。
  3. ALLM(Auto Low Latency Mode): ALLMは、自動的に遅延を最小限に抑えて、ゲームプレイのようなリアルタイムの応答が求められる場面での遅延を最小限に抑える機能です。ゲーム機器とテレビを接続している場合、ALLMが有効ならばゲームプレイ中の遅延を最小化し、よりスムーズなゲーム体験を提供します。

以上の機能が4T-C42EJ1のHDMI端子に対応しているため、より高音質なオーディオ体験やゲームプレイの向上が期待できるということです。これらの機能を活用することで、より充実したエンターテインメントを楽しむことができます。

シャープ 42V型  4T-C42EJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42DJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1と同等機能

シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1と同等機能や特徴として下記の12点があることがわかりました。

・ 4K超解像アップコンバート機能

・ 精細感復元機能

・ リアリティ復元機能

・ インターネット動画クリア補正機能

・ スマートアクティブコントラスト機能

・ 輝き復元機能

・ HDR映像対応

・ 映り込みを抑えて見やすい、高精細「低反射パネル」搭載

・ シャープ独自の液晶技術で「120スピード」動画性能を実現

・ バスレフ型スピーカーボックス搭載

・ リスニングエリアを広げる音質補正技術「Eilex PRISM™」と「VIR Filter™」搭載

・ ネット動画サービス機能

次にそれぞれについて説明していきます。

4K超解像アップコンバート

4K超解像アップコンバート機能とは、シャープの8Kテレビで培った精細感復元とリアリティ復元技術を応用しています。

具体的には、テレビ番組やインターネット動画番組などの解像度や映像レベルに応じて精細感を最適に復元する機能です。この機能によって、2k映像をより高詳細な4k解像度で楽しむことができるようになります。

精細感復元機能

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/picture/

精細感復元機能とは、解像度の低い映像も、信号を解析してもとの被写体が本来持っている精細感を推測して、微細情報を復元します。つまり、クリアで高精細な映像を表現することを言います。

リアリティ復元機能

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/picture/

リアリティ復元機能とは、対象画素とその周辺情報を広範囲に分析し、もとの被写体が本来持っている形状を推測します。

具体的には、アップコンバートの過程で損なわれやすい情報を復元して、リアリティある映像を実現してくれます。

インターネット動画クリア補正機能

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/picture/

インターネット動画クリア補正機能とは、インターネットの回線状況により解像度が、刻刻と変化するネット動画をクリアな映像で再現することを言います。

スマートアクティブコントラスト機能

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/picture/

スマートアクティブコントラスト機能とは、HDR形式など入力フォーマットに応じて明暗描写を最適化。暗くつぶれがちな映像も、明るくコントラスト感の高いメリハリのある映像を再現してくますよ。

輝き復元機能

輝き復元機能とは、テレビの番組やインターネット動画の番組の輝度信号を解析して、撮影時に圧縮された輝き成分を推測して復元する機能です。

具体的には、光の煌めきや、自然界の眩しさなど、リアリティ溢れる輝きを再現します。

HDR映像対応

HDRとは、ハイダイナミックレンジの略で、従来と比較し映像に収録されている輝度情報を拡大し映像のリアリティを高める技術です。

4T-C42EJ1と4T-C42DJ1では、Ultra HDブルーレイやインターネットで配信される4K動画サービスに採用されている「HDR10」「Dolby Vision ®(ドルビービジョン)」規格、4K放送で採用されている「HLG」HDR規格に対応しています。

従来より広い輝度情報を画像処理エンジンで忠実に復元し低反射処理を施した液晶パネルに最適に表示することで、映像本来の風景の奥行き感や素材の質感までリアルに再現します。

映り込みを抑えて見やすい、高精細「低反射パネル」搭載

フルHDの4倍となる約829万(3,840×2,160)画素の液晶パネルに、外光や照明の映り込みを低減する「低反射」処理を施した「低反射パネル」搭載しています。

「低反射パネル」搭載によって、明るいリビングでも、見やすい4K映像を楽しむことができますよ。

シャープ独自の液晶技術で「120スピード」動画性能を実現

液晶パネルの駆動に連動してLEDバックライトを点滅させることで映像の残像感を効果的に低減することで、サッカーなど動きの速い映像でも高詳細な映像を実現しています。

バスレフ型スピーカーボックス搭載

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/sound/

バスレフ型スピーカーボックス搭載によって、低音域から高音域まで臨場感豊かに再現します。

「音楽ライブ」モード搭載

音楽ライブ配信や音楽番組など、音に包まれるような臨場感で楽しめる「音楽ライブ」モードを搭載しました。

リスニングエリアを広げる音質補正技術「Eilex PRISM™」と「VIR Filter™」搭載

Eilex PRISM™は、特定ポイントの音圧変化のみを補正するのではなく、空間全体の音響パワーの変化を捉え補正する新技術です。Eilex PRISMにより、原音に近い高音質が得られるばかりではなく、自然な音の広がりと奥行感・明瞭度の高い音声が再生されます。

また、従来のデジタルフィルタに比べて高性能なVIR Filter™を採用することで、より広帯域かつ高精度な補正が可能となっています。

ネット動画サービス機能

参照元:https://jp.sharp/aquos/products/ej1/internet/

ネット動画サービスでは、インターネットに接続するだけで、ネット動画やゲームなどのアプリを楽しむことができます。オリジナルコンテンツやテレビ番組の見逃し配信、映画やスポーツ、アニメなど、多種多様なコンテンツに出会うことができます。

特に、ネット動画サービスは「アプリダイレクトボタン」という便利な機能を搭載しています。リモコンにはインターネット動画視聴用のダイレクトボタンが装備されており、テレビの電源がオフの状態であっても、このボタンを押すだけで、あなたの見たい動画サービスを素早く起動することができます。

このダイレクトボタンのおかげで、いちいちテレビの電源を入れる必要なく、スムーズにお気に入りの動画コンテンツにアクセスできるため、利便性が高いと言えます。

自分の好みに合わせた動画を気軽に楽しむことができるので、時間の制約なく、ストレスなくエンターテインメントを満喫できるでしょう。この便利な機能を活用して、楽しい視聴体験を手に入れてください。

シャープ 42V型  4T-C42EJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42DJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1で向いているのは?

シャープ 42V型  4T-C42EJ1向いている方

・ 従来のシャープ 42V型 4T-C42DJ1より高詳細な映像を楽しみたい方

・ 立体音響を手軽に楽しみたい方

・ インターネット動画として「Disney+」を楽しみたい方

・ HDMI端子接続でeARC/ARCとALLMを実現したい方

シャープ 42V型  4T-C42EJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型 4T-C42DJ1が向いている方

・ 新機能よりもコストパフォーマンスを優先する方

シャープ 42V型  4T-C42DJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42EJ1と4T-C42DJ1との違い比較のまとめ

シャープの42V型 4T-C42EJ1と4T-C42DJ1の主な違いを比較すると、以下の5点が挙げられます。

  1. 画像処理エンジンの進化:4T-C42EJ1はMedalist S3を搭載していますが、4T-C42DJ1はMedalist S2を搭載しています。Medalist S3はより高度な映像処理を可能にし、より高詳細な映像を楽しむことができます。
  2. 高音質:4T-C42EJ1はDolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応していますが、4T-C42DJ1はその対応がないようです。Dolby Atmosは、より臨場感のある音声を提供する先進の音響技術であり、より迫力のある音響体験を楽しむことができます。
  3. インターネット動画:4T-C42EJ1は「Disney+」の新規サポートがあるようですが、4T-C42DJ1には含まれていないようです。これにより、新たなコンテンツを楽しむことができるでしょう。
  4. Wi-Fi 6のサポート:4T-C42EJ1はWi-Fi 6に対応していますが、4T-C42DJ1には含まれていないようです。Wi-Fi 6は高速で安定した無線通信を可能にし、ストリーミングなどのインターネット接続を快適に行うことができます。
  5. HDMI端子接続:両方のモデルともeARC/ARCとALLMに対応しています。これにより、高音質なオーディオ体験やゲームプレイの向上が期待できます。

以上の違いにより、4T-C42EJ1はより高度な映像処理と高音質を楽しむことができ、さらに新しいコンテンツや便利な機能を取り入れたテレビと言えるでしょう。

シャープ 42V型  4T-C42EJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

シャープ 42V型  4T-C42DJ1を見たい方は下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介