PR

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較


パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較


パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較してみました。

結論から言うと違いは、下記の5点あることがわかりました。

・ 風量アップ:EH-NA0J(1.6m3/分)←EH-NA0G(1.5m3/分)

・ スマートセンシング機能搭載

・ 高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風が髪に届きやすい

・ 根元速乾ノズルが新たに付属

・ 本体の重量差:EH-NA0J 約550 g ← EH-NA0G 約595g

詳しくは本文で説明していきます。

パナソニック ヘアドライヤー  EH-NA0Jを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー EH-NA0Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

  1. パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0Jってどんな商品?
  2. パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較
    1. 風量アップ:EH-NA0J(1.6m3/分)← EH-NA0G(1.5m3/分)
    2. EH-NA0Jにスマートセンシング機能搭載
      1. 2つのセンサー搭載
    3. EH-NA0Jは、高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風が髪に届きやすい
      1. よりしっとり、仕上がり満足度アップ
        1. EH-NA0JとEH-NA0Gの温風の仕上がりの平均レベル比較
    4. EH-NA0Jに根元速乾ノズルが新たに付属
    5. 本体の重量差:EH-NA0J 約550 g ← EH-NA0G 約595g
    6. パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの同等機能や特徴
      1. 髪の内側までうるおう髪へ
        1. 高浸透ナノイーとは?
        2. 高浸透ナノイーで髪へのうるおい1.9倍
      2. ヘアカラーの退色を防ぎ、UV・摩擦ダメージに強い髪へ
        1. ヘアカラー毛の摩擦ダメージ抑制効果
        2. 紫外線ダメージに強い髪へ
        3. ブラッシングなどの摩擦ダメージを抑え、枝毛を低減
      3. 健やかな地肌へ
        1. 地肌へのうるおい効果
      4. 2つのノズル装備(EH-NA0Jは3つのノズル装備)
        1. 速乾ノズル(本体内蔵)
        2. セットノズル(付属)
      5. 具体的なヘアドライヤーの4つのモードの使い方
        1. 温冷リズムモード
        2. 毛先集中ケアモード
        3. スカルプモード
        4. スキンモード
  3. パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0G向いているのは?
    1. パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0Jが向いている方
    2. パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0Gが向いている方
  4. パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較のまとめ
    1. 関連

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0Jってどんな商品?

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0Jは、風量1.6m3/分と最大風量をほこり、スマートセンシング機能を搭載していて、狙い通りの風温を自動でコントロールします。

具体的には、暑い時期には温風の熱さをスマートセンシング機能によって低減し、快適に髪を乾かすことができるパナソニックヘアドライヤー最上位機種です。

また、パナソニックのヘアドライヤーの代表的な特徴となっている高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風が、従来商品EH-NA0Gよりも髪に多く届くことによって、しっとり感と仕上がり満足感がアップしています。

とくに、送風効率がアップしたことによって、時間のない朝や早く寝たい夜に威力を発揮するヘアドライヤーとなっています。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較してみました。

その結果、違いは、下記の5点あることがわかりました。

・ 風量アップ:EH-NA0J(1.6m3/分)←EH-NA0G(1.5m3/分)

・ EH-NA0Jにスマートセンシング機能搭載

・ EH-NA0Jは、高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風が髪に届きやすい

・ EH-NA0Jに根元速乾ノズルが新たに付属

・ 本体の重量差:EH-NA0J 約550 g ← EH-NA0G 約595g

次にそれぞれについて説明していきます。

風量アップ:EH-NA0J(1.6m3/分)← EH-NA0G(1.5m3/分)

髪ケア効果とナノケア史上最大風量1.6m3/分を両立する新コンパクトデザインです。

髪がうるおうのに、EH-NA0Jは、EH-NA0G比較して、髪の毛が速攻で乾きます。ナノケア史上最大風量を実現しています。

送風効率がアップしたメリットとして、時間のない朝や早く寝たい夜、髪を乾かすのがわずらわしい方にジャストフィットするかもしれませんね。

EH-NA0Jにスマートセンシング機能搭載

スマートセンシングで過度な熱を抑えることができます。

スマートセンシングとは、狙い通りの風温を自動でコントロールしてくれます。

具体的には、暑い時期には温風の熱さを低減し、快適に髪を乾かすことができます。

このことを実現するために2つのセンサーを搭載しています。

2つのセンサー搭載

下記のように2つのセンサーを搭載しています。

・ 風温を感知する風温センサー

・ 室温を感知する環境温度センサー

の二つのセンサーを搭載し、あなたのEH-NA0Jを使用している環境や使い方を検知し、自動で風温をコントロール、過度な熱を抑えます。

従来品EH-NA0Gより温度ムラが少なく、温度も低くなっています。

EH-NA0Jは、高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風が髪に届きやすい

EH-NA0Jの高浸透ナノイー&ミネラル吹出口が髪により近くなり、高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風が、EH-NA0Gと比較するとより一層、髪に届きやすくなっています。
イラスト:EH-NA0Gは高浸透ナノイー&ミネラル吹出口が髪から遠いが、EH-NA0Jは近い

よりしっとり、仕上がり満足度アップ

高浸透ナノイー&ミネラル搭載機種2021年発売EH-NA0Gと比較するとEH-NA0Jは、しっとり感と仕上がり満足感がアップしています。
EH-NA0JとEH-NA0Gの温風の仕上がりの平均レベル比較
EH-NA0Jは、EH-NA0Gと比較すると髪の毛を乾かしただけで広がりや、くせ・うねりを抑え、まとまりのある髪に仕上がります。

EH-NA0Jに根元速乾ノズルが新たに付属

毛量が多い方や髪の根元が乾かしにくい方に、EH-NA0Jの根元速乾ノズルは、髪の根元まで届くしぼった風がでるので、乾かしにくい髪の根元を乾かしやすくしてくれますよ。時短につながるので、忙しい朝などに重宝しますよ。

本体の重量差:EH-NA0J 約550 g ← EH-NA0G 約595g

本体の重量差がEH-NA0Jは、EH-NA0Gと比較するとわずかですが、45グラム軽くなっています。

もちろん、これぐらいの減少では、まだまだ、重量はあると思ってよいでしょう。

なので、長時間の使用には大変かもしれませんね。もっと、軽くしてくれれば、一段と使いやすくなるとおもいました。今後に期待しましょう。

 

パナソニック ヘアドライヤー  EH-NA0Jを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー EH-NA0Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの同等機能や特徴

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの同等機能や特徴として、下記の4点があります。

・ 髪の内側までうるおう髪へ

・ ヘアカラーの退色を防ぎ、UV・摩擦ダメージに強い髪へ

・ 健やかな地肌へ

・ 2つのノズル装備(EH-NA0Jは3つのノズル装備)

髪の内側までうるおう髪へ

うるおいの秘密は、水分たっぷりの高浸透ナノイーにあります。EH-NA0JとEH-NA0Gには、うるおい効果がある、水分たっぷりの高浸透ナノイーを発生させることができます。

この高浸透ナノイーは、キューティクルのわずかな間から入り込み、髪の表面のみでなく髪の内側にまでうるおいをもたらします。

高浸透ナノイーとは?

参照元:https://panasonic.jp/hair/products/dryer/EH-NA0J.html

高浸透ナノイーとは、髪への浸透性を高めたナノイーのことをいいます。ナノイーの発生方式を変えることで、ナノイーの水分発生量が従来浸透ナノイー商品の18倍になっています。

この効果によって、髪に驚きのうるおいとなめらかさをかもしだしてくれますよ。

具体的には、高浸透ナノイーは従来の浸透ナノイーと比べ、髪の内部まで浸透します。

この結果、髪の内側まで水分が行き届くことで、髪への指通りも従来の浸透ナノイー商品よりも驚くほどサラサラと滑らかになります。

高浸透ナノイーで髪へのうるおい1.9倍

毛髪水分増加量は、従来ナノイー搭載商品比1.9倍にもなっています。

ヘアカラーの退色を防ぎ、UV・摩擦ダメージに強い髪へ

ヘアカラー・白髪染めの退色を防ぎ、 お気に入りの髪色が長もちしやすくなっています。
具体的には、ヘアカラーした髪色をキープするには、キューティクルを守ることが大切。
高浸透ナノイー&ミネラル搭載ヘアードライヤー ナノケアは、キューティクルの密着性を高め、カラー剤の流出を防ぐので、髪色が長もちします。
ヘアカラー毛の摩擦ダメージ抑制効果

高浸透ナノイー&ミネラルがヘアカラーした髪のキューティクルをはがれにくくすることで、ブラッシングによる髪への摩擦ダメージを抑え、使い続けることでなめらかな髪へ導きます。

紫外線ダメージに強い髪へ

年中浴びる紫外線はお肌だけでなく髪にとってもダメージの大敵。髪を守るキューティクルの密着性を高めるミネラルマイナスイオンで、UVケア効果が期待できます。

ブラッシングなどの摩擦ダメージを抑え、枝毛を低減
高浸透ナノイー&ミネラル搭載ヘアードライヤー ナノケアによってキューティクルの密着性が高まるので、ブラッシングなどの摩擦ダメージを抑えます。使い続けることで、なめらかな指通りに。

健やかな地肌へ

頭皮までしっかりうるおうことができます。具体的には、4週間使用することで頭皮水分量が約20%アップさせることができます。

地肌へのうるおい効果

美しい髪は健やかな地肌づくりから。水分たっぷりの高浸透ナノイー&ミネラルがうるおいを与え、地肌のストレスの原因となる乾燥をおさえます。さらに地肌の余分な皮脂を周辺の水分と混ざりやすくし、健やかな地肌を保ちます。

地肌へのうるおい効果をヘアドライヤーに求めるのは多少行き過ぎ感があると思いました。もっと、髪の毛を乾かすために力を注いでほしいと感じますね。

図:水分発生量の比較イメージ。「ナノイー」の水分量はマイナスイオンの約1,000倍。高浸透「ナノイー」の水分発生量は従来「ナノイー」の18倍

2つのノズル装備(EH-NA0Jは3つのノズル装備)

EH-NA0Jの3つのノズル装備の説明図

お好みに合わせてノズルを使い分けることによって、あなたの髪をスピーディーに乾燥させることができます。

速乾ノズル(本体内蔵)

EH-NA0JとEH-NA0G本体の機能で、強弱差のある風によって、ぬれた毛束をほぐしやすくしてくれます。髪の毛を早く乾かしたいときに使用すると便利です。

セットノズル(付属)

髪をセットするときに、狙った乾かしたい髪にあてやすい幅広い薄型の風を作り出します。なので、髪の毛をセットするときに使用すると重宝します。

具体的なヘアドライヤーの4つのモードの使い方

参照元:https://panasonic.jp/hair/products/dryer/EH-NA0J.html

温冷リズムモード

髪のツヤを出すためには、「温度」が重要なキーポイントとなっています。

なので、温風と冷風を自動で交互に切り替える「温冷リズムモード」は、温風であたためながら髪のくせをのばし、冷風で冷やすことでしっかりくせのびをキープしてくれます。

このような温風と冷風を自動で切り替えるので、うねりがとれて髪の表面が整うので、光が反射しやすくなり、ツヤツヤでしなやかな髪に仕上がります。

髪の毛にツヤを出したい場合に利用するとよいでしょう。

毛先集中ケアモード

「毛先集中ケアモード」は、周囲の温度をセンサーで自動検知し、最適な間隔と風量で毛先の仕上げに適した温風・冷風を交互に発生させます。

毛先を逃しにくい弱風風量なので、風をあてやすく、集中的にケアできます。

スカルプモード

地肌の表面に水分が残ると、ベタつきなどの不快感の原因になります。

スカルプモードは、地肌にやさしい温度、約60 ℃の風で心地よく地肌を乾かしてくれます。

スキンモード

お風呂上がりの乾燥しやすい肌に、高浸透ナノイーとミネラルを含んだ風で肌のうるおいを保ち、しっとり肌へ導いてくれますよ。

ヘアドライヤーでしっとり肌が実現できるなんて便利かもしれませんね。なお、化粧水や乳液などのスキンケアは、普段と同じ方法・タイミングでケアしても問題ありません。

 

パナソニック ヘアドライヤー  EH-NA0Jを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー EH-NA0Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0G向いているのは?

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0Jが向いている方

・ 時間のない朝や早く寝たい夜などに速攻で髪を乾かしたい方

・ 二つのセンサーを搭載した新機能を使用してみたい方

・ コンパクトなデザインを好む方

・ 毛量が多い方や髪の根元が乾かしにくい方

パナソニック ヘアドライヤー  EH-NA0Jを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0Gが向いている方

・ 新機能やデザインよりもコストパフォーマンスを優先する方

・ 毛量が普通や少ない方

・ 髪の毛を乾かすのに時間に余裕のある方

パナソニック ヘアドライヤー EH-NA0Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較のまとめ

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア EH-NA0JとEH-NA0Gの違いを比較してきました。

結果から言うと違いは、下記の5点あることがわかりました。

・ 風量アップ:EH-NA0J(1.6m3/分)←EH-NA0G(1.5m3/分)

・ スマートセンシング機能搭載

・ 高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風が髪に届きやすい

・ 根元速乾ノズルが新たに付属

・ 本体の重量差:EH-NA0J 約550 g ← EH-NA0G 約595g

この中で特徴的なことは、風量アップとスマートセンシング搭載されたことでしょうか。

この機能アップによって、時間のない朝や早く寝たい夜など時短につながって、働くママには嬉しい機能かもしれません。

さらに、スマートセンシング搭載によって、自動で風温をコントロール、過度な熱を抑え、髪全体にムラなく乾かせるという特徴もあって、さらに時短につながる可能性もありますね。

パナソニック ヘアドライヤー  EH-NA0Jを見たい方は、下記をクリックしてください。

パナソニック ヘアドライヤー EH-NA0Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介