PR

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネル!口コミ評価


ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネル!口コミ評価


ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネルの口コミを画質、音質、リモコンの操作性、コストパフォーマンスの4点で評価してみました。

結論から言うと

画質については、4K映像に関しては、奥行き感や人物の肌質、髪質まで鮮明など、また、通常放送の画質についても綺麗な画像や画質は大変素晴らしい、普通に感動するキレイさといった高評価が目立ちました。もちろん、視野角は狭めといった口コミもありましたが、全体的には高評価だと感じました。

音質については、音はまぁまぁや普通の音量で聴いてる限り、何の不満もないといった評価がある一方で音質はTV的な、ちょっとしたチープ感があるやスピーカーの音が悪いなどといったあまり評価しないという口コミが目立ちました。

操作性については、口コミの数は少なく、両面の口コミとなっていました。具体的には、ボタンを押してからの反応は普通という一方でリモコンの反応速度が少し遅いという口コミがありました。評価は半々という感じです。

コストパフォーマンスについては、海外製の商品だけのことはあるなという感じでコスパ最高に代表されるように素晴らしいの一言に尽きると思います。

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7Hをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネル!口コミ評価

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネルの口コミを下記の4点で評価してみました。

・ 65E7Hの画質関連について

・ 65E7Hの音質関連について

・ 65E7Hの操作性関連について

・ 65E7Hのコストパフォーマンスに関連について

次にそれぞれについて説明していきます。

65E7Hの画質関連について

65E7Hの画質関連については、4K映像は奥行き感や人物の肌質、髪質まで鮮明で素晴らしい。4K以外の映像に関しても綺麗な画像や画質は大変素晴らしい、普通に感動するキレイさなど高評価が多いと思いました。もちろん、一部には、視野角が狭いという評価も見られましたが、全体的には高評価だと思います。

具体的な評価としては下記のようになっています。

・ 画質はコスパからみると最高

・ リアル120Hz補完は、やはり60Hz疑似補完とは違うや倍速等によって,十分に綺麗

65E7Hの音質関連について

65E7Hの音質関連については、音はまぁまぁや普通の音量で聴いてる限り、何の不満もないといった評価する口コミもありました。その一方で音質はTV的な、ちょっとしたチープ感があるやスピーカーの音が悪いなどといった評価しないという口コミが多いと感じました。

具体的な口コミは下記のようになっています。

・ 音は凄く軽いので迫力にはかける

・ 低音を目いっぱい効かせても物足りない

・ 音質がまったく合わない

65E7Hの操作性関連について

65E7Hの操作性関連については、口コミの数は少なく、評価が難しい感じでした。

口コミは、ボタンを押してからの反応は普通といった評価がある一方で、リモコンの反応速度が少し遅いといったように、評価が全く分かれていました。どちらともいえない思いました。

65E7Hのコストパフォーマンスに関連について

65E7Hのコストパフォーマンスに関連については、さすが、海外製のことはあるなという感じの高評価ばかりでした。

具体的には、この値段は破格や値段でこれなら文句無し、コストパフォーマンスは優れている、コスパは最高と非常に評価が高いと感じました。

65E7Hの総合評価に関して

65E7Hの総合評価に関して、画質は4K映像は素晴らしいや2K映像も綺麗など高評価が目立ちました。もちろん、一部に視野角が狭いという評価もありましたが、総合的には高評価だと思います。

音声に関しては、普通という評価がある反面、チープや迫力がないなど評価しないという口コミが多くみられました。総合的には、音質はコストパフォーマンスを考慮すると普通レベルと思えるのかなって思いました。

操作性に関しては、口コミも少なく、評価も半々に分かれていて評価が難しいと感じました。

コストパフォーマンスに関しては、さすが、海外製のことだけはあるなっていうぐらい、コストパフォーマンスが高いという評価でした。コストパフォーマンスを評価しないという口コミは見当たりませんでした。

総合的にみると、コストパフォーマンスが抜群で画質も素晴らしいという感じです。一方、音質は、コストパフォーマンスなりのレベルかなって感じました。操作性は口コミが少なく評価できませんでした。

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7Hをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネルってどんな商品?

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネルとは、倍速パネルを搭載している4kチューナー内蔵の液晶テレビです。

テレビの主たる映像エンジンとして、NEOエンジン Proを搭載。

この映像エンジンによって、地デジなどの2K放送番組の解像度をアップコンバートしたり、ネット動画コンテンツを映像解析することにより様々な画像を高精細化しています。

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネルの主な特徴

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネルの主な特徴としては、下記の13点があります。

・ 映像エンジン:NEOエンジンPro搭載

・ 倍速パネル&クリアモーション

・ AI ネット映像高画質処理

・ NEW AI オート画質調整

・ AI 放送映像高画質処理

・ AIシーン別超解像処理

・ AIモーション別超解像処理

・ 肌の美しい質感をリアルに再現する美肌リアリティPro

・ スムースモーション960

・ サブウーファー内蔵

・ 高音質化処理機能搭載

・ Eilex PRISM

・ HDMI2.1 VRR/ALLM対応

・ 「声」でテレビを操作、観たい動画も探せる

・ ネット動画配信サービス

次にそれぞれについて説明していきます。

映像エンジン:NEOエンジンPro搭載

圧倒的に情報量が多い4K映像を高速処理するハイセンス最新の映像エンジン「NEOエンジンPro」を搭載。地デジ、4K放送、ネット動画、ゲームも高画質で楽しむことができます。

NEOエンジンProは、2022年度版の液晶テレビから初めて搭載されている映像エンジンです。

速い動きもすっきりクリアに見える倍速パネル&クリアモーション

120Hzの高性能倍速パネルを採用。フレーム補間のクリアモーションとも相まって、カーレースやサーフィンなど動きの速いスポーツも残像感の少ないなめらかな映像として映し出します。

フレーム補完するから映像が滑らかで長時間観ても目が疲れにくく、思う存分楽しむことができます。

スポーツ番組が好きな方にとってはたまらない特徴ですね。

AI ネット映像高画質処理

ネット配信のコンテンツを分析し、コンテンツに合わせて色濃度/超解像処理/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行い、低クオリティコンテンツから高クオリティコンテンツまで、高いコントラストと自然な色彩で表情豊かに再現します。

なので、ネット動画を思う存分楽しむことができます。

最近はネット動画を見ることが普通になってきているので、ネット動画を見ている方には嬉しいですね。

AI オート画質調整

環境光センサーにより部屋の照明や太陽光の当たり方など、時間によって変化する周囲環境の明るさや色温度に合わせて、常に適切な画質で自動で最適化してくれるので、いちいち、調整する必要がないのが楽ですね。

テレビの見る環境って刻刻と変化するので自動で画質を調節してくれるのは有難いですね。

AI 放送映像高画質処理

地デジやBSの放送映像を超解像処理により高精細な4K画質にアップコンバートします。

さらに3次元ノイズリダクションでさまざまなノイズを低減し、グラデーション部分やテロップまでくっきりと高画質に映し出します。

地デジの放送番組も綺麗な画質で楽しめることになるのね。

AIシーン別超解像処理

5層のニューラルネットワークを深層学習し、通常の映像とぎらつきが目立つ映像を自動判別します。

このことによって、シーンごとに適した超解像処理を実施し、ノイズの少ないきめ細やかな高画質を実現します。

AIモーション別超解像処理

AIが映像の動きの“速さ”を自動判別します。

具体的には、

・ 動きの少ないシーン:バルーンなどの動作の遅いシーン

 

・ 動きの激しいシーン:サッカーや自動車レースなど動きの激しいシーン

それぞれに適切なフレームを参照して、ノイズリダクションを実施します。

動きによって適切な超解像処理をし、ノイズを抑えたクリアな映像を再現します。

肌の美しい質感をリアルに再現する美肌リアリティPro

美肌リアリティーPro白飛びや黒つぶれを抑えて、色調をきめ細やかに描き出すことで透明感のある美しい肌の質感を再現します。

また、撮影環境などによって不自然に白飛びした人肌も美しい色彩で自然に再現します。

従来の美肌リアリティが一段と進化したといえます。

人物が中心の番組が楽しみになるわね。

スムースモーション960

スムース モーション レート技術により高輝度のLEDを素早く点滅させることで、液晶映像の残像感を低減。コマ数の少ない映像のガタツキも抑え、スムーズな映像表現が可能になっています。

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7Hをみたい方は下記をクリックしてください。

 

サブウーファー内蔵

左右のスピーカーに加えて、テレビ背面にサブウーファーを搭載。
従来の薄型テレビでは実現出来なかった迫力の重低音(実用最大出力40W)を実現します。

このサブウーファー内蔵によって、アクション系などのドラマや映画に迫力をもたらします。

まるで、映画館でみるような迫力を楽しむことができます。

外付けのサブウーファーは不要なので、配置もスッキリすることができますよ。

高音質化処理機能搭載

前後左右に加えて、高さ方向の音表現も可能な「ドルビーアトモス」に対応。

迫力ある立体サウンドで、映画館のように音に包まれる贅沢な映像体験が味わえますよ。

Eilex PRISM

Eilex PRISMは、スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づく、最先端の音響最適補正技術です。

Eilex PRISMのVIRフィルターによって、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現し、音楽や映画などをアーティストが意図した通りに再生する事ができます。

インターフェースに HDMI2.1を採用。

4K 120P入力の最新ゲーム機でも低遅延を実現する「ゲームモードPRO」に対応。低遅延を実現しながらも3段階超解像処理とフレーム補間処理を行う「ゲームモードPro」により高精細な映像をなめらかに楽しむことができます。

最新ゲーム機も快適にプレイできる。

HDMI2.1 VRR/ALLM対応

HDMI2.1規格の4K 120P入力に対応。ちらつきやカクツキが抑えられて、ストレスフリーにゲームを楽しめます。また、ゲーム機からの情報と連動して低遅延モードと高画質モードを自動で切り換えます。

VRR(可変リフレッシュレート)技術によりリフレッシュレートとフレームレートとのコマ落ちや入力遅延により発生する映像のちらつきやカクツキを軽減し、描画ずれのない滑らかな映像でゲームが楽しむことができます。

コンテンツのフレームレート(fps)とテレビのリフレッシュレート(Hz)を同期させて、カクツキやティアリングを低減。

なめらかな映像で快適にゲームを楽しむことができますよ。

「声」でテレビを操作、観たい動画も探せる

VIDAA Voice

チャンネル、音量、入力切替、動画検索、ビデオ再生などを「声」で操作できます。

ネット動画配信サービス

新たにボタンを追加し、9つの配信会社をダイレクトで選べます。

ネット動画をサポートしているのは下記のようになっています。

Netflix/Amazon Prime Video/ Disney+/Youtube/ Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/Rakuten TV/Paravi/DMM.com/ SPOOX/ NET.TV

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7Hをみたい方は下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネル!口コミ評価のまとめ

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7H 倍速パネルの口コミの評価を中心に説明してきました。

口コミの評価の結果は、

画質については、4K映像に関しては、奥行き感や人物の肌質、髪質まで鮮明など、また、通常放送の画質についても綺麗な画像や画質は大変素晴らしい、普通に感動するキレイさといった高評価が目立ちました。もちろん、視野角は狭めといった口コミもありましたが、全体的には高評価だと感じました。

音質については、音はまぁまぁや普通の音量で聴いてる限り、何の不満もないといった評価がある一方で音質はTV的な、ちょっとしたチープ感があるやスピーカーの音が悪いなどといったあまり評価しないという口コミが目立ちました。

操作性については、口コミの数は少なく、両面の口コミとなっていました。具体的には、ボタンを押してからの反応は普通という一方でリモコンの反応速度が少し遅いという口コミがありました。評価は半々という感じです。

コストパフォーマンスについては、海外製の商品だけのことはあるなという感じで「コスパ最高」に代表されるように素晴らしいの一言に尽きると思います。

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65E7Hをみたい方は下記をクリックしてください。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介