PR

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル!


TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル!


TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデルは、商品がでたばかりで口コミもほとんどなく、特徴や機能紹介をすることにしました。

TCL 65C646は65V型の4K液晶テレビで、特筆すべき特徴の一つはAlgo Engine IIという映像エンジンを搭載していることです。Algo Engine IIは、様々な映像を高詳細化な映像に仕立て上げることができます。

具体的には、Algo Engine IIは信号処理アルゴリズムを活用して映像を分析し、映像の解像度を上げることができます。例えば、2Kの映像をアップスケーリングして4Kの高詳細な映像に変換することができます。

これにより、従来の映像よりもノイズの少ない、鮮明で詳細な映像を楽しむことができます。映像の細部やテクスチャがよりクリアに表現され、視聴者はよりリアルな映像体験を得ることができます。

具体的な特徴や機能については本文で説明していきます。

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビをみたい方は下記をクリックしてください。

詳しくは→TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル 

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデルってどんな商品?

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビは、65インチの4K液晶テレビです。このテレビは、高度な映像処理エンジンであるAlgoエンジンⅡを搭載しており、放送やネット動画のコンテンツを詳細に解析し、ノイズを最小限に抑えた高品質な映像を実現します。

AlgoエンジンⅡは、映像処理に特化した技術を活用しており、映像の細部まで正確に処理することで、ノイズの少ない映像を再現します。これにより、従来のテレビよりもクリアで詳細な映像を楽しむことができます。

さらに、TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビは最新のディスプレイ技術である量子ドットLED技術(QLED)を採用しています。この技術により、色域を最大限に拡大し、より純粋で鮮やかなカラーを再現することができます。映像には鮮烈な色彩があり、視覚的な魅力を高めます。

また、このTCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビには4Kチューナーが内蔵されており、高解像度の放送や映像コンテンツを楽しむことができます。4K解像度は従来のフルHDよりも画質が向上しており、より鮮明で詳細な映像を提供します。

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビをみたい方は下記をクリックしてください。

詳しくは→TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル 

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデルの機能や特徴は

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデルの機能や特徴は下記の18点があります。

・ Algo Engine Ⅱ搭載

・ Algo Engine Ⅱによる精細感の復元

・ Algo Engine Ⅱによる精密なカラーマネジメント

・ Algo Engine Ⅱによるクリアな画質

・ Algo Engine Ⅱによる優れたコントラスト

・ Algo Engine Ⅱによる残像感低減

・ Algo Engine Ⅱによる進化したHDR映像の表現力

・ TCL QLED量子ドット

・ DLG 120Hz 機能

・ Dolby Vision/HDR10/HLG対応

・ WCG対応

・ Dolby Vision/HDR10/HLG対応

・ 「Dolby Atmos」に対応

・ Google TV搭載、お好みのコンテンツ満載、あなたのためのスマートテレビ

・ 豊かなコンテンツをお手軽に

・ 音声コントロール対応

・ ゲームモード対応

・ HDMI2.1 eARCに対応、より臨場感がある視聴体験を実現

Algo Engine Ⅱ搭載

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビに搭載されているAlgo Engine IIは、映像の質感や深みを向上させるためにAlgo Engineよりも進化した映像処理エンジンです。

Algo Engine IIは、信号処理アルゴリズムを利用して、放送やネット動画のコンテンツを詳細に分析します。映像の構成要素や色情報などを徹底的に解析し、最適な映像処理を行います。これにより、映像の質感や細部の表現が向上し、よりリアルで没入感のある映像を実現します。

Algo Engine IIは、色の再現性やコントラストの調整、ノイズの除去、シャープネスの強化など、さまざまな映像処理を行います。映像の色合いや階調を最適化し、映像全体のバランスを調整することで、高品質な映像を再現します。

また、Algo Engine IIは高度な画像処理技術を駆使しており、映像の奥行きや立体感を強化する効果もあります。映像の深みや立体感が向上することで、視聴者はより没入感のある映像体験を得ることができます。

Algo Engine Ⅱによる精細感の復元

ノイズ処理: 文字周辺やエッジ部に現れるノイズだけでなく、映像の平坦部に現れる波線のようなノイズも最大限に抑制します。これにより、映像のクリアさと品質を向上させます。

アップスケーリング: HDや2Kの映像を巧みに4Kにアップスケーリングします。アップスケーリングのアルゴリズムを使用することで、高精細な映像を再現します。つまり、低解像度の映像を鮮明かつ詳細な4K映像に変換することが可能です。

Algo Engine Ⅱによって、映像のノイズを最小限に抑え、より高品質で鮮明な映像を実現することができます。また、低解像度の映像も4Kにアップスケーリングすることで、視聴体験を向上させることができます。

Algo Engine Ⅱによる精密なカラーマネジメント

3次元のカラーマネジメントにより、色の変換時に色域の損失を最小限に抑え、映像の暗部から明部までの諧調と色を正確に表現します。

具体的には、カラーマネジメントは、映像の色情報を3次元空間で管理します。これにより、カラースペースやカラーガムット(色域)の制約を考慮しながら、色の変換を行います。

カラーマネジメントの目標は、元の映像から再現する映像において、できるだけ正確な色再現を実現することです。色域ロスを抑えるために、カラーマネジメントは最適な色変換アルゴリズムを使用し、色の細かなニュアンスや階調を保持します。これにより、映像の暗い部分から明るい部分までの色や諧調の変化を忠実に再現することができます。

つまり、3次元のカラーマネジメントは、色の変換時における色域の損失を最小限にし、映像の暗部から明部までの諧調や色を正確に表現することで、高品質なカラー映像を実現します。

Algo Engine Ⅱによるクリアな画質

クリアな画質を実現するためのMEMC機能(MEMCとはMotion Estimation Motion Compensation の略称で動き予測と動き補間という意味です。)によって、映像の動き補正、くっきりと滑らかな画質を提供します。

具体的には、動きの激しいスキー競技やサッカーなどの映像で効力を発揮します。

Algo Engine Ⅱによる優れたコントラスト

「マイクロディミング」とは、映像情報をゾーン毎に詳細に分析する機能です。この機能により、映像の繊細な部分まで明暗をくっきりと分けることができます。その結果、風景の奥行き感をよりリアルに映し出すことが可能となります。

具体的には、マイクロディミングは映像を小さな領域に分割し、それぞれの領域における明るさと暗さの差を詳細に解析します。この解析に基づいて、画像処理アルゴリズムが適用され、明暗のコントラストが強調されます。

映像の繊細な部分まで明暗をくっきりと分けることにより、風景の奥行き感が増し、よりリアルな映像が実現されます。例えば、山岳地帯の映像であれば、遠くの山々や谷間の陰影が鮮明になり、奥行きや立体感が際立ちます。

要するに、「マイクロディミング」は、映像を細かい領域に分けて明暗のコントラストを強調することで、風景の奥行き感をよりリアルに映し出す機能です。

Algo Engine Ⅱによる残像感低減

残像間低減のためのBFI(Black Frame Insertion)機能は、LEDバックライトを制御することで、映像中の黒い部分を前フレームの映像で補完し、前フレームの表示時間を短縮します。これにより、映像中の残像感や画像のボヤケを減少させる効果があります。

具体的には、BFI機能では、映像のフレーム間に黒いフレーム(ブラックフレーム)を挿入します。この黒いフレームは前フレームの映像で補完されるため、映像中の黒い部分には実際の映像情報が反映されます。

また、BFIにより前フレームの表示時間が短縮されるため、映像の遷移がより滑らかになります。これにより、高速な動きや急なシーン変化がある場合でも、映像の残像感が減少し、より鮮明な映像が得られます。

Algo Engine Ⅱによる進化したHDR映像の表現力

ハイダイナミックレンジ(HDR)映像を漏れなく解析し、幅広い輝度レベルに柔軟に対応する機能を提供します。これにより、映像の明暗を忠実に描くことができます。

具体的には、HDR映像は通常、明るいハイライト部分と暗いシャドウ部分の両方に豊富な情報を持っています。しかし、一般的なディスプレイや映像処理システムでは、この広範な輝度範囲を適切に再現することができません。

そこで、ハイダイナミックレンジ映像を解析することで、明るい部分と暗い部分の細かな階調を正確に捉えます。また、幅広い輝度レベルに対応するため、明るさの細かな変化や微妙な影のニュアンスを失わずに再現することができます。

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビをみたい方は下記をクリックしてください。

詳しくは→TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル 

TCL QLED量子ドット

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビに搭載されているTCL QLED 量子ドットテクノロジーは、色域を最大限に拡大し、より純粋なカラーを映し出すことで、鮮烈な映像を描写します。

具体的には、QLEDディスプレイは、量子ドットと呼ばれる微小な粒子を使用して色を生成します。これにより、一般的な液晶ディスプレイと比べて広範な色域をカバーすることができます。

色域を最大限に拡大することで、QLEDディスプレイは、さまざまな色の微妙なニュアンスや階調をより鮮明に表現します。これにより、映像の色彩表現が豊かになり、視聴者によりリアルな映像体験を提供します。

DLG 120Hz 機能

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビに搭載されているDLGは、ゲームプレイ時に応答速度とリフレッシュレートを最適化するために使用される機能です。この機能により、映像のスキャンが最適化され、動きの滑らかさと遅延の低減が実現されます。

具体的には、DLGはゲームモードや特別なゲーム設定を通じて使用されます。ゲームモードでは、ディスプレイの応答速度とリフレッシュレートが最適化され、ゲームプレイ中の映像の滑らかさとリアルタイム性が向上します。

Dolby Vision/HDR10/HLG対応

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビでは「HLG」、「HDR10」と「Dolby Vision」という規格に対応しています。これらの規格により、映像の明るい部分と暗い部分の細かなディテールまで驚くほどクリアに再現し、華やかな色彩とメリハリの効いた映像を描写します。

まず、「HLG」と「HDR10」は、ハイダイナミックレンジ(HDR)と呼ばれる映像技術の規格です。これらの規格は、映像の輝度範囲を広げ、明るいハイライトと暗いシャドウの両方に豊かな情報を持つ映像を実現します。この結果、映像の明部と暗部のディテールをより鮮明に再現することができます。

また、「Dolby Vision」は、さらに高い輝度範囲と色域をサポートしており、映像の明るさと色彩の表現をさらに向上させます。映像には華やかさが加わり、細かな色のニュアンスや明暗のコントラストが際立ちます。

これらの規格に対応することで、映像の明るい部分と暗い部分の細かなディテールをクリアに再現します。また、広い色域により豊かな色彩を表現し、映像にメリハリを与えます。これにより、視聴者はよりリアルで臨場感のある映像体験を楽しむことができます。

WCG対応

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビでは広色域(WCG)を採用してHDRに対応しています。広色域とは、表示できる色彩の範囲を広げた技術であり、これによりあらゆるシーンをより鮮やかで美しい映像として描写することができます。

通常は、限られた色域しか表示することができませんが、広色域を採用することで、より多くの色彩を再現することが可能になります。これにより、豊かな色のニュアンスや鮮明な色彩を持つ映像を表現することができます。

HDRと広色域の組み合わせにより、映像にはより多様な色が現れ、シーンの細部や色の微妙な変化がより鮮明に表現されます。暗いシーンや明るいシーン、色鮮やかな風景など、あらゆるシーンをより美しく鮮やかに描くことができます。

「Dolby Atmos」に対応

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビは、ドルビーアトモスに対応した65V型の4K液晶テレビです。ドルビーアトモスは、3次元のリアルな立体音響を実現するテクノロジーです。

通常の音響システムでは、音がスクリーン上からのみ聞こえるのに対し、ドルビーアトモスでは、音が上下左右全方向から聞こえるように再現されます。つまり、映像の動きや音の位置に応じて、音が立体的に配置され、視聴者を包み込むような臨場感ある音響体験を提供します。

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビのドルビーアトモス対応により、映画や音楽、ゲームなどのコンテンツをより没入感豊かに楽しむことができます。音が部屋全体に広がり、まるで現場にいるかのような臨場感を味わうことができるでしょう。

ドルビーアトモスは、従来のサラウンドサウンドに加えてさらにレイヤーを追加することで、エンターテイメントにおいてプレミアムな多次元サウンドを体験できる空間オーディオテクノロジーのパイオニアです。ゲームをしていても、お気に入りの映画や番組を見ていても、新曲を繰り返し聴いていても、より多くの音を聴き、感じられるように、Dolby Atmosが、その世界へと深く引き込む空間サウンド体験にあなたを誘います。

参照元:https://www.dolby.com/ja/technologies/dolby-atmos/#gref

 

Google TV搭載、お好みのコンテンツ満載、あなたのためのスマートテレビ

Google TV 搭載で、Googleアカウントを手軽に登録することによって、Google AIが視聴履歴やお好みに合わせて、あなたへおすすめのコンテンツをホーム画面に一括表示します。

また、各ネット動画配信サービスアプリを通し、見たいコンテンツを簡単に横断検索を実現します。

外出先でもGoogleブラウザにログインし、お気に入りのコンテンツを見つけて「見たいものリスト」に追加したら、あなたの家にあるTCL Google テレビの「ライブラリ」に同時保存されます。

豊かなコンテンツをお手軽に

YouTube、Amazonプライムビデオ、NETFLIX、Hulu、 Disney+、Apple TV+ 、U-NEXTなど豊 富なネット動画サービスに対応。

映画やドラマはもちろん、スポーツや音楽など様々なコンテンツも楽しむことができます。

具多的なネット動画サービスは下記となっています。

Netflix, Rakuten TV,hulu,U-NEXT,ABEMA,DAZN,FOD,AWA,prime video,dTV,TELASA,VideoMarket, Google play Movies&TV, Apple TV, YouTube

音声コントロール対応

Google音声検索の機能である”Ok Google”に対応しています。リモコンのボタンを押して話しかけるだけで、簡単に見たい映像を検索することができます。

“Ok Google”と話しかけると、音声を検知し、Google音声検索を起動します。これにより、リモコンのボタンを押すだけで手間なく映像検索を行うことができます。

例えば、リモコンのボタンを押し、”Ok Google、アクション映画を検索してください”と話しかけると、音声を解析し、アクション映画に関する検索結果を表示します。これにより、手軽に好きなジャンルやキーワードに基づいて映像を検索し、楽しむことができます。

ゲームモード対応

入力機器からのゲームプレイ映像情報を検出すると、ALLM(Auto Low Latency Mode)に対応しており、自動的にゲームモードに切り替えます。これにより、ゲーミングモニターとしての機能を強化し、HDRゲームや映画などのコンテンツを再生する際に優れたユーザーエクスペリエンスを実現します。

ALLMは、入力機器からの映像情報を検出し、自動的にゲームモードに切り替える機能です。ゲームモードでは、ディスプレイの応答速度やリフレッシュレートが最適化され、ゲームプレイ中の映像の滑らかさや遅延の低減が図られます。これにより、プレイヤーはより正確な操作を行い、ゲームの応答性が向上します。

さらに、ALLM対応により、HDRゲームや映画などのコンテンツ再生時にも優れたユーザーエクスペリエンスが実現されます。HDRは、広い輝度範囲と色域を持つ映像を再現する技術であり、リアルな映像体験を提供します。ALLMによって自動的にゲームモードに切り替わることで、HDRコンテンツをより最適な設定で楽しむことができます。

HDMI2.1 eARCに対応、より臨場感がある視聴体験を実現

TCLの65C646 65V型 4K 液晶テレビには、HDMI/eARC端子が搭載されており、Dolby TrueHDに対応しています。これにより、テレビを介してオーディオ機器からの音声をDolby TrueHD 5.1chで出力することが可能です。

通常、65C646 65V型 4K 液晶テレビのHDMI/eARC端子を使用することで、テレビのスピーカーで音声を再生することができます。しかし、TCLの65C646 65V型 4K 液晶テレビでは、Dolby TrueHDに対応しているため、高品質な音声体験を得るために外部のオーディオ機器を使用する場合でも、Dolby TrueHD 5.1chの音声を利用することができます。

具体的には、オーディオ機器とテレビをHDMI接続することで、テレビを通じてオーディオ機器のDolby TrueHD 5.1chの音声を再生することができます。これにより、サラウンドサウンドの臨場感ある音響効果を楽しむことができます。

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビをみたい方は下記をクリックしてください。

詳しくは→TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル 

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル!のまとめ

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデルの機能や特徴について説明してきました。

代表的な特徴を下記にあげます。

・ Algo Engine II映像エンジン搭載

TCL 65C646は、Algo Engine IIという高度な映像エンジンを搭載しています。このエンジンは信号処理アルゴリズムを利用し、放送やネット動画のコンテンツを詳細に解析し、映像処理を行います。結果として、ノイズの少ない高品質な映像を実現することができます。

・ 量子ドットLED技術「QLED」採用

TCL 65C646は、最新のディスプレイ技術である量子ドットLED技術「QLED」を採用しています。これにより、色域が最大限に拡大され、より純粋で鮮やかなカラーが再現されます。鮮烈な映像と美しい色彩を楽しむことができます。

・ Dolby Atmos対応

TCL 65C646は、ドルビーアトモスに対応しています。ドルビーアトモスは、3次元のリアルな立体音響を実現するテクノロジーであり、視聴者を包み込むような臨場感ある音響体験を提供します。部屋の隅々まで音が響き渡り、まるで現場にいるかのような感覚を味わうことができます。

TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビをみたい方は下記をクリックしてください。

詳しくは→TCL 65C646 65V型 4K 液晶テレビ 2023年モデル 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介