PR

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kの違いを比較!二つの違いを徹底解説


レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kの違いを比較!二つの違いを徹底解説


レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kの違いを比較してみました。

違いは、55Z570Kに搭載されている下記の2点でした。いずれも、ゲームをやる人やサッカーなどのスポーツ番組、激しい動きのある番組が好きな人向けでした。

そのほかの人には、違いは基本的に関係ないと思いました。

具体的な違い

・ 倍速パネル搭載

・ HDMI2.1関連

4K120P入力対応:4K画質1秒120コマの映像に対応
VRR対応      :可変フレームレートで遅延・角つきを軽減

具体的な違いに関しては本文で説明していきますね。

レグザ 55V型 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55M550Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kの違いを比較

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kの違いを比較してみました。

違いは下記の2点で、後は、基本的に同じ機能や特徴を持っていました。

・ 倍速パネル搭載

・ HDMI2.1関連の機能

55Z570Kに倍速パネル搭載

55Z570Kに倍速パネル搭載が搭載されています。ちなみに、55M550Kには、倍速パネルは搭載されていません。

倍速パネルとは、サッカーなどの動きの早い映像を滑らかに表示する技術のことをいいます。

映像は複数枚の静止画を連続再生することによって表示する動きを表現しています。

具体的には1秒で60枚で表示されるサッカーなどの映像を、倍速パネルにより1秒120枚に補正することで、サッカーなどの激しい動きの映像が滑らかで自然な動きになります。

55Z570KのHDMI2.1関連の機能

55Z570KのHDMI2.1関連の機能には、55M550Kにはない二つの機能が装備されています。

・ 4K120P入力対応

・ VRR対応

4K120P入力対応

4K120P入力対応とは、4K画質1秒120コマの映像に対応していることを表します。

具体的には、4Kの画質である3,840×2,160ドットの解像度を持つ1枚の画像が、秒120コマで構成されている映像を指しています。

見た目としては、4K120P入力非対応な場合よりも滑らかな映像になります。

VRR対応

VRR対応とは、可変リフレッシュレートの略語でコマ落ちやちらつきを抑制する技術です。可変フレームレートで遅延・角つきを軽減します。

具体的には、動きの激しいアクションゲームなどを快適にプレイすることができます。

レグザ 55V型 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55M550Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kと同等機能や特徴

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kと同等機能や特徴には下記の11点があることが分かりました。

・ レグザエンジンZRⅠ搭載

・ 4Kビューティ機能

・ 地デジAIビューティZRⅠ

・ ネット動画ビューティZRⅠ

・ クラウドAI高画質テクノロジー

・ ナチュラル美肌トーン

・ おまかせAIピクチャーZRⅠ

・ レグザ重低音立体音響システム

・ クリア音声機能

・ ネット動画対応

・ 音声操作でテレビをもっと便利にする機能

次にそれぞれについて説明していきますね。

レグザエンジンZRⅠ搭載

レグザエンジンがさらに進化し、映像エンジンとして、レグザエンジンZRIを搭載。

この映像エンジンによって、高速レスポンス、進化したノイズリダクション、36色の多色軸処理、快適な操作性を備え、地デジはもちろん、4K放送やネット動画も高精細に楽しむことができます。

4Kビューティ機能

4Kビューティ機能とは、細かい絵柄、平坦な絵柄など、ブロックごとの映像の種類を検知して、映像番組の絵柄に応じて適切な復元処理を実施し、ノイズを抑えながら4K放送が本来もっている美しさを再現する機能です。

4Kビューティー機能でネット動画などを含めて4K放送もより一層楽しめることになるのね。

地デジAIビューティZRⅠ

地デジのノイズを高精度に抑制しながら、さまざまな高画質処理により、テロップまでクッキリとした高画質を楽しむことができます。

また、動きのある映像で発生する動きボケも抑えることで、クリアな映像に再現してくれます。

地デジの放送番組も今まで以上に綺麗にみれるので地デジの放送が楽しみになるわね。

ネット動画ビューティZRⅠ

ネット動画の特性に合わせて高画質処理することにより、コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生します。

さらに、「ナチュラル美肌トーン(後述)」が、ネット動画でも人肌を自然で美しい色合いに再現します。

最近はネット動画を見る機会も増えてきたから、高画質でみれるって嬉しい。

クラウドAI高画質テクノロジー

クラウドAI高画質テクノロジーは、最新のデータベースに更新された詳細ジャンルやコンテンツごとの画質特性をクラウドから取得し視聴中のコンテンツに適切なパラメーターを用いて高画質処理を行い、高精細でリアルな高画質を実現します。

クラウドAI高画質テクノロジーを利用するには、インターネット環境が必要です。

ナチュラル美肌トーン

人肌の立体感や質感を向上させるとともに、黒ずみや白飛びなどを抑制し、自然な人肌を再現します。

さらに、撮影環境などの影響により不自然に感じるカラーシフトした人肌を自然で美しい色合いに再現します。

視聴環境に合わせて画質を自動調整するおまかせAIピクチャーZRⅠ

室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。

周囲の色温度にも合わせて画質調整します。

また、夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライトを抑制し、テレビ視聴をより快適にします。

ブルーライトを削減してくれるのって有難いことですね。

レグザ 55V型 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55M550Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ重低音立体音響システム

クリアな高音から重低音まで、立体的で迫力のあるサウンドを実現。

実用最大出力合計値40Wのマルチアンプを採用し、新開発バスレフボックススピーカー、重低音バズーカなどのスピーカーを駆動。

パワフルで臨場感あふれるサウンドを再現し、音域のつながりを向上させる高遮断クロスオーバーフィルターに加え、立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」にも対応しており、映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応

前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応。

従来、立体音響を楽しむには天井を含むさまざまな場所にスピーカーを設置する必要がありました。

レグザでは、最新の音声処理システムにより、テレビ本体のスピーカーでかんたんに3次元の立体音響を体感できます。

Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)とは?ドルビーアトモスは、従来のサラウンドサウンドに加えてさらにレイヤーを追加することで、エンターテイメントにおいてプレミアムな多次元サウンドを体験できる空間オーディオテクノロジーのパイオニアです。ゲームをしていても、お気に入りの映画や番組を見ていても、新曲を繰り返し聴いていても、より多くの音を聴き、感じられるように、Dolby Atmosが、その世界へと深く引き込む空間サウンド体験にあなたを誘います。

Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)とは?

ドルビーアトモスは、従来のサラウンドサウンドに加えてさらにレイヤーを追加することで、エンターテイメントにおいてプレミアムな多次元サウンドを体験できる空間オーディオテクノロジーのパイオニアです。ゲームをしていても、お気に入りの映画や番組を見ていても、新曲を繰り返し聴いていても、より多くの音を聴き、感じられるように、Dolby Atmosが、その世界へと深く引き込む空間サウンド体験にあなたを誘います。

参照元:https://www.dolby.com/ja/technologies/dolby-atmos/#gref

クリア音声機能

人の声を強調するサウンドで、映画やドラマでも声が聞き取りやすくなります。

音量を抑えても聞き取りやすい音声で楽しむことができます。

映画を見る時に思うんだけど声が小さくて聞きづらいって、でも、このクリア音声なら大丈夫かな。楽しみ。

ネット動画対応

多彩なネット動画に対応。お好みの動画配信サービスから、話題の映画、ドラマ、アニメなどをテレビの大画面で楽しめます。

また、リモコンには「ABEMA」「Hulu」「U-NEXT」「YouTube™」「Prime Video」のダイレクトボタンを配置しているので、お好みの動画配信サービスへ手軽にアクセスできます。

「My.Choice」ボタンにはお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能です。

具体的なネット動画としては、下記の12種類になります。

・ ‎YouTube

・  Amazon Prime Video

・ Tver

・ DAZN

・  Hulu

・  U-NEXT

・  Abema TV

・  dTV

・  FOD

・  TELASA

・  Paravi

・  Net.TV

ネット動画って、今時、誰でもみているので、これだけのサービスが用意されていて嬉しいな。ただ、ネットフリックスがないのが唯一残念な事ね。

音声操作でテレビをもっと便利にする機能

40万本以上の映画や番組を声で素早く検索したり、気分に合わせたおすすめを尋ねたり、テレビやスマートホーム機器を操作したりできます。

リモコンの Google アシスタントボタンを押すか、「OK Google」と言って始めることができます。

「OK Google」(音声アシスタント)搭載で、テレビやリモコンに向かって話しかけることで見たいコンテンツを探したりテレビの操作などが行えます。

音声でテレビが操作できるのは、便利で重宝するよね。

レグザ 55V型 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55M550Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kで向いているのは?

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kで向いているのは?

レグザ 55V型 55Z570Kが向いている人

・ ゲーム好きな人

・ サッカーなどのスポーツ番組や動きの激しい番組が好きな人

レグザ 55V型 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55M550Kが向いている人

・ ゲームなどよりもコストパフォーマンスを優先する人

レグザ 55V型 55M550Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kの違いを比較のまとめ

レグザ 55V型 55Z570Kと55M550Kの違いを比較してきました。

違いは、55Z570Kに搭載されている下記の2点でした。いずれも、ゲームをやる人やサッカーなどのスポーツ番組、激しい動きのある番組が好きな人向けでした。

そのほかの人には、違いは基本的に関係ないと思いました。

・ 倍速パネル搭載

・ HDMI2.1関連

4K120P入力対応:4K画質1秒120コマの映像に対応

VRR対応      :可変フレームレートで遅延・角つきを軽減

レグザ 55V型 55Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 55V型 55M550Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介