PR

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6G!口コミ評価


ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6G!口コミ評価


ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gを下記の4項目で口コミを評価してみました。

・ 画質

・ 音質

・ 操作性

・ コストパフォーマンス

結論から言うと画質、音質、操作性、コストパフォーマンスとも良いという口コミ評価が多くありました。

もちろん、画質が良くないや音質はこもる、操作性はリモコンの反応が遅いなどという悪いという口コミ評価もありました。

ただ、コストパフォーマンスについては、とくに、悪いという口コミ評価はありませんでした。

具体的には、本文で説明していきます。

 

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6G!口コミ評価

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gを下記の4項目で口コミを評価してみました。

・ 画質

・ 音質

・ 操作性

・ コストパフォーマンス

次にそれぞれについて説明していきます。

43E6Gの画質に関して

43E6Gの画質に関しては、多くの方が、綺麗で素晴らしいという評価でした。

もちろん、一部の方に画質が悪いという評価する方もいましたが、全体的にコストパフォーマンスを踏まえて綺麗という評価だと思いました。

具体的には下記のような評価となっています。

・ 画質、画面、映像はきれいで素晴らしい

・ 映像は違和感なし

・ 画質はコストパフォーマンスからみて十分

・ 画質は問題なし

・ 画質があまり良くない

43E6Gの音質に関して

43E6Gの音質に関しては、全体的にみると、コストパフォーマンスから見て十分という評価だと感じました。

特に、クリヤで聞こえやすいなど高評価をするかたが一部おられました。

もちろん、逆に、音がこもるなど悪いという評価するかたもおられました。

全体的な評価としては、予想外に良いという感じに思えましたが、そこは、コストパフォーマンスからみて十分だと判断しているのではないかと思います。

具体的には下記のような評価となっています。

・ 音質はクリヤに聞こえ非常に良い

・ 音質はコストパフォーマンスからみて十分

・ 音質は問題なく、そこそこで普通

・ 音の広がりがあまりよくない

・ 音がこもる

音質に関しては、あまり不満の声はすくないですが、

ただ、どうしても音質に不満を感じる方は、サウンドバーを利用することで、映画館でテレビの番組を見る感覚に浸ることができかもしれません。

そこで、高音質で番組を見たい方は、サウンドバーを検討するのも良いでしょう。

ソニー サウンドバー HT-S200FとHT-S100F違いを比較!向いているのはどっち?

43E6Gの操作性に関して

43E6Gの操作性に関しては、操作性は良いという方とタイムラグがあって遅いなどという悪い評価をされているかたが半々ぐらいという感じでした。

ただ、悪いという評価をくだしているかたもコストパフォーマンスからみて満足と評価しているように思います。

具体的には下記のような評価になっています。

・ 操作性はよい

・ リモコン操作に関しては、問題なし

・ リモコンは、シンプルで使いやすい

・ 番組表やチャンネル切り替えは、多少のタイムラグがある

・ チャンネル切り替えが多少遅い

43E6Gのコストパフォーマンスに関して

43E6Gのコストパフォーマンスに関しては、大半のかたが、コストパフォーマンスは良いという評価でした。

特に、コストパフォーマンスについて悪いという評価する方は見当たりませんでした。

具体的には下記のような評価となっています。

・ コスパ最強

・ コスパは良い

・ コスパは不満なし

43E6Gの総合評価

43E6Gの総合評価としては、コストパフォーマンスを踏まえると画質、音質、操作性とも多くの方が良いという判断しているのではないかと思いました。

もちろん、一部の方に音質がこもるやリモコンの反応が遅いなどと悪い評価をするかたもおられましたが、コストパフォーマンスを考えると十分と判断されていると感じました。

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gってどんな商品?

ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gとは、画面サイズが43Vで、映像エンジンとして、東芝映像ソリューションとの共同開発による「NEOエンジンLite」搭載しています。

さらに、BS/CS 4Kチューナーを内蔵していて、外付けチューナー無しで、そのまま4K衛星放送がを見られたり、ネット動画をみることができる液晶テレビです。

ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gの特徴

ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gの主な特徴としては、下記の9項目です。

・ 映像エンジンNEOエンジンLite搭載

・ 高画質機能

・ 高音質機能

・ 低遅延ゲームモード対応

・ BS/CS4Kチューナー内蔵液晶テレビ&搭載チューナー

・ スマートスピーカーに対応

・ ネット動画配信サービス

・ ADSパネル搭載

・ ノンベゼルデザイン

次にそれぞれの特徴について説明していきます。

映像エンジンNEOエンジンLite搭載

映像エンジンとして、東芝映像ソリューションとの共同開発による「NEOエンジンLite」搭載しています。

これによって、基本となる映像処理が充実、さらに表現力も向上化しています。

基本的な映像処理に加えて、さまざまなコンテンツやシーンにあわせた映像処理を実施することで、美しい高画質を図っています。

高画質機能

高画質機能として、4K復元、AIネット映像高画質処理、HDR再現処理、エリア別クリア復元、クリアノイズ処理、テクスチャー復元などの機能を実現。

特徴的な機能について説明していきますね。

4K復元

4K復元とは、映像のコンテンツを復元する際に出やすいノイズ抑えつつ、通常のアップコンバートと比較して、ナチュラルでなめらかな4K映像に引き上げることを言います。

AIネット映像高画質処理

AIネット映像高画質処理とは、ネット配信の映像やVODコンテンツを分析し、色温度/色濃度/輝度/ダイナミックガンマ補正など最適な映像処理を行うことを言います。

また、低解像度から高解像度のコンテンツまで、様々な映像を高品位に再現します。

エリア別高精細復元

エリア別高精細復元とは、映像の特徴に合わせて画面上の複数のエリアを解析しながら映像の特徴に沿って映像を復元することを言います。

具体的には、

・ ディテールの細かいエリアは精細感を引き上げ

・ ノイズが目立ちやすい平坦な領域は、より滑らかな映像表現となるようノイズリダクション(恒常的に発生する一定レベルのノイズの部分だけを軽減/除去すること)を実施。

クリアノイズ処理

クリアノイズ処理とは、映像のエッジ部や平坦部を識別し、ノイズの種類に合わせてよりクリアになるように処理することを言います。

具体的には、

・ 小さな文字の周り

・ エッジ周辺

・ 処理範囲が広いときに出る様々なノイズ

などを低減します。

 

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

高音質機能

高音質機能を実現するためにEilexに対応。

Eilex PRISMとは、スピーカーの3次元マトリックス測定と独自の音響解析理論に基づく、最先端の音響最適補正技術です。

Eilex PRISMのVIRフィルターによって、高精度でより明瞭度の高い臨場感あふれる高音質を実現し、音楽や映画などをアーティストが意図した通りに再生する事ができるようになっています。

Eilexが開発したPRISMTM (Primary Sound Measurement) 技術は、スピーカの音響パワー体積密度APVD (Acoustic Power Volume Density) 周波数特性を測定し、それを新開発のVIRTM (Variable Resolution Impulse Response) フィルタを使ってイコライジングする技術です。

PRISMは、スピーカの前面近傍を覆う立体空間のAPVD周波数特性を測定し、単独あるいは複数のドライバから出た音が干渉する事による所定の立体空間内での音の強調や減衰も検知、それを統合した実効値をフラットあるいは望まれる周波数特性に合わせます。しかも群遅延を合わせることでタイム・アライメントが揃い、その結果位相のずれが少なくなります。APVD周波数特性がフラットに補正されると、スピーカから出て来る音は限りなく原音(ソース)に近づき、その位置にボーカルや楽器があるのと等価の状態を作り出します。

PRISMは、オーディオ機器だけでなく、TVやパーソナルオーデイオ、PC等スピーカが使われる全ての製品に応用できます。PRISMのイコライジングは極めてパワフルで、与えられたスピーカ・システムから最大限の性能を容易に引き出す事ができます。

PRISMに使われるVIRフィルタは、従来のFIRフィルタと同様にオーデイオ用に最も適した特性を持っています。しかもVIRフィルタには、FIRフィルタの致命的欠点である低域での精度の劣化がありません。しかも、必要に応じて補正点を動かし、必要な周波数帯域内の補正精度をフレキシブルに調整する事も出来ます。VIRフィルタは、FIRフィルタを凌ぐ性能を、その数分の一のMIPSで実現できます。

参照元:https://eilex.jp/prism/

低遅延ゲームモード対応

低遅延ゲームモード対応とは、ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく、特にFPSや格闘ゲームなど行うときに最適な仕様となっています。

低遅延ゲームモードを実現しながらも高精細で滑らかな映像を再現。

BS/CS4Kチューナー内蔵液晶テレビ&搭載チューナー

3840×2160画素数で、4K画質。

また、2K信号の映像も4K画質にアップコンバートして、地デジ放送などの番組もより美しく再現します。

地デジ、BS、110°CSもそれぞれに3チューナーを搭載。

スマートスピーカーに対応

Google アシスタントやAmazon Alexaなどを搭載したスマートスピーカーに対応しているので、ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gをハンズフリーで使用することができます。

スマートスピーカーに話しかければ、ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gテレビの電源を消したり、チャンネルを変更したりできます。

ネット動画配信サービス

ネット動画配信サービスとして、

Netflix, YouTube, Amazon Prime Video, AbemaTV, hulu, dTV, U-NEXT, DMM.com, スカパー! on demand, Rakuten TV, Paravi

のサービスが利用できます。

ただし、サービスを受けるにあたっては、契約等が必要な場合があります。

ADSパネル搭載

視野角の広いADSパネルを搭載しているので、ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gを正面から見ることができない時でも、美しい高画質映像を楽しむことができます。

ノンベゼルデザイン

ノンベゼルデザインとは、画面の外枠がほぼ無いNon-Bezelデザインを言います。

ノンベゼルデザインによって、映像の世界がハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gいっぱいに広がり映像だけに集中してみることができます。

 

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6G!口コミ評価のまとめ

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gの口コミ評価を中心に説明してきました。

ハイセンス43V型  液晶 テレビ 43E6Gの口コミを下記の4点で評価。

・ 画質

・ 音質

・ 操作性

・ コストパフォーマンス

画質、音質、操作性、コストパフォーマンスとも良いという口コミ評価が多くありました。

もちろん、画質が良くないや音質はこもる、操作性はリモコンの反応が遅いなどという悪いという口コミ評価もありました。

ただ、コストパフォーマンスについては、とくに、悪いという口コミ評価はありませんでした。

43E6Gの総合評価としては、コストパフォーマンスを踏まえると画質、音質、操作性とも多くの方が良いという判断しているのではないかと思いました。

もちろん、一部の方に音質がこもるやリモコンの反応が遅いなどと悪い評価をするかたもおられましたが、コストパフォーマンスを考えると十分と判断されていると感じました。

特に、コストパフォーマンスの良さは圧倒的。

ハイセンス 43V型  液晶 テレビ 43E6Gを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介