PR

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いを比較!おすすめはどっち!


コムテック ドラレコ DR036とZDR035の違いを比較!おすすめはどっち


コムテックから、セパレートタイプで取付自由な高性能2カメラドライブレコーダーZDR036が新発売。

そこで、コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いを比較を行ってみました。

違いの主なものは、下記の2点でした。

・ 液晶画面の高画質化

・ ZDR036は本体、フロントカメラ、リヤカメラがすべて別体となるセパレートタイプで自由な取付けが可能

詳細な違いについては、本文で詳しく説明していきますね。

 

取付自由なZDR036を見たい方は、下記をクリックしてください。

ZDR035を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

  1. コムテック ドラレコ ZDR036ってどんな商品?
  2. コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いを比較
    1. 液晶画面の高画質化と液晶サイズの拡大
    2. 本体、フロントカメラ、リヤカメラがすべて別体となるセパレートタイプで自由な取付けが可能
    3. 動体検知機能搭載
    4. コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の共通機能
      1. ソニー製STARVIS搭載
      2. HDR機能を搭載
      3. 3種の録画モード搭載
      4. 安全運転を支援する機能搭載
        1. 後続車両が接近してきていることを知らせる機能
        2. 先行車両が発進したことを知らせる機能
        3. 前方の信号が青に変わったことを知らせる機能
        4. ドライブ中の速度など変化に対する安全運転をサポートする機能
        5. 車の速度が設定より早くなったかの通知機能
      5. 録画機能
        1. エンジンONで録画始動
        2. 3つの安心録画機能
          1. 常時録画
          2. 衝撃録画
          3. マニュアル録画
        3. 衝撃クイック録画
        4. タイムラプス録画搭載
        5. 緊急録画停止機能
      6. 全国のLED信号機に対応!
      7. 録画情報の確認方法
        1. ビューワソフトで詳しい情報をパソコンで確認!
      8. 記録媒体
      9. 駐車時の関連機能
        1. 駐車中も録画監視機能搭載!
          1. ワンタイム録画駐車監視モード
          2. 駐車監視モード録画解除機能
      10. 撮影された録画映像を守るための安心機能!
        1. 録画データ保全機能
        2. microSDカードチェック機能
  3. ドラレコ ZDR036とZDR035向いているのは?
    1. コムテック ドラレコ ZDR036が向いている方
    2. コムテック ドラレコ ZDR035が向いている方
  4. コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いを比較のまとめ
    1. 関連

コムテック ドラレコ ZDR036ってどんな商品?

コムテック ドラレコZ DR036は、セパレートタイプで取付自由な高性能2カメラドライブレコーダーです。

具体的には、本体、フロントカメラ、リヤカメラがすべて別体となるセパレートタイプで自由な取付けが可能なドライブレコーダーとなっています。

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いを比較

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いを比較してみました。

違いは、大きく3点あります。

・ 液晶画面の高画質化と液晶サイズの拡大

・ 本体、フロントカメラ、リヤカメラがすべて別体となるセパレートタイプで自由な取付けが可能

・ 動体検知機能搭載

具体的に説明していきますね。

液晶画面の高画質化と液晶サイズの拡大

コムテック ドラレコ ZDR036には、新規に、WQHD(1440×2560pix)370万画素・F1.8の高性能カメラを前後カメラに採用しています。

FullHDの約1.8倍の画素数で従来よりも高精細な映像を記録します。

また、液晶サイズも2.7インチから3インチに拡大されているので、見やすくなりましたね。

 

不測な事故などの映像も鮮明になり、実際の証拠としても有効性が一段と高まりますね。

本体、フロントカメラ、リヤカメラがすべて別体となるセパレートタイプで自由な取付けが可能

コムテック ドラレコ ZDR036では、ドライブレコーダー本体とフロントカメラが分離されたことにより、

・ ドライブレコーダーZDR036本体、

・ フロントカメラ、

・ リヤカメラ

がすべて別体となるセパレートタイプで自由な取付けが可能。

具体的には、ドライブレコーダーZDR036本体をハンドル周りなど手の届きやすい場所へ設置することで、いざという時のマニュアル録画や設定操作なども手軽に行えるようになります。

ドライブレコーダーの操作がしやすくなるとドライブレコーダーを有効に活用する場面も増加するかもしれませんね。

動体検知機能搭載

ドラレコ ZDR036は、 フロントカメラに搭載されたドップラーセンサーにより、

・ フロントカメラ前方の角度120°の範囲内で

・ 距離2mまたは4mの範囲の人や車の動きを検出して

イベント録画を開始します。

 

衝撃クイック録画機能と組み合わせることで、

衝撃だけでなく人や車の動きでも起動し録画開始可能。

必要なときだけ記録することで、車両バッテリーやmicroSDカードへの負荷を軽減します。

 

取付自由なZDR036を見たい方は、下記をクリックしてください。

ZDR035を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の共通機能

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の共通機能には、下記の8点があります。

・ ソニー製STARVISを搭載

・ 高画質化のためのHDR機能を搭載

・ 3種の録画モード搭載

・ 安全運転支援機能搭載

・ 録画機能

・ 記録媒体

・ 撮影された映像を守るための安心機能

・ 駐車関連機能

次に、それぞれについて詳しく説明していきますね。

ソニー製STARVIS搭載

 

・・・STARVIS搭載・・・  ・・・STARVIS非搭載・・・

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035には、前方後方カメラの両方に裏面照射型技術「STARVIS」を採用したソニー社製CMOSセンサーを搭載。

上に示した図からわかるように、

後方カメラは、夜には、前方カメラのヘッドライトのように、明かりがないため、

鮮明に写すことができなかった動画が、

STARVIS搭載によって見た目により分かりやすくなります。

STARVIS搭載によって安心、安全度が増して嬉しい。

また、トンネル内などの暗い場所でも鮮明な画像にすることが可能となっています。

STARVIS/ STARVIS 2とは?

セキュリティカメラに求められる重要な要素の一つが、暗所においてもクリアに撮像できる性能です。ソニーのSTARVIS/ STARVIS 2の技術を搭載したイメージセンサーは、人間の眼の感度を超えて、暗所における被写体の形をとらえるだけでなく、質感までもリアルに再現することができ、低照度でのモニタリングに大きな威力を発揮します。

STARVISおよびSTARVIS 2は共に、セキュリティカメラ用CMOSイメージセンサーのために開発された裏面照射型画素技術です。1μ㎡あたり、2000mV以上(カラー品、706cd/㎡ 光源撮像時、F5.6, 1s蓄積換算)の感度を有し、可視光領域に加え近赤外領域をもカバーして、高画質を実現しています(*1)。STARVIS 2はその性能に加え、単露光において、同画素サイズのSTARVISと比べ8dB以上の広ダイナミックレンジ(AD 12bit)を有しています。

参照元:https://www.sony-semicon.co.jp/products/IS/security/technology.html

 

HDR機能を搭載

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035には、HDR機能が搭載されています。

HDR機能とは、白とびなどの明暗差を補正し、逆光にも強くあらゆるシチュエーションで安定した映像を記録します。

具体的には、上図のような車のナンバープレートが白とびしているのを防いでくれたりします。

ナンバープレートが読めないなんてことがなくなると嬉しいですね。

3種の録画モード搭載

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035には、下記の3つの録画方式が搭載されています。

常時録画:エンジンONからOFFまでの映像を常時記録する方式

衝撃録画:衝撃があった時点の前後の映像を記録する方式

マニュアル録画:手動でスイッチを押すことで任意にいつでも映像を記録する方式

 

安全運転を支援する機能搭載

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035には、安全運転を支援する機能として、下記の5点が搭載されています。

・ 後続車両が接近してきていることを知らせる機能

・ 先行車両が発信したことを知らせる機能

・ 前方の信号が青に変わったことを知らせる機能

・ ドライブ中の速度など変化に対する安全運転をサポートする機能

・ 車の速度が設定より早くなったかの通知機能

具体的に説明していきますね。

後続車両が接近してきていることを知らせる機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に後続車両が接近してきていることを知らせる機能が搭載されています。

あおり運転が話題となっていますが、後続車両の接近をおしえてくれるというのは、あおり運転かどうかの判別がつくので、安全で安心なことかも。

具体的には、下記の二点あります。

・ あなたの後方から接近する車両を認識すると、音声またはアラームで後続車両が接近していることを知らせてくれます。

・ あおり運転の証拠などにも使えるように設定することで、後続車両の接近を認識すると自動的にイベント録画「後続車接近録画データ」として記録することも可能。

忘れずに設定しておきましょうね。設定しておくと安心ですから。。

先行車両が発進したことを知らせる機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、先行車両が発進したことを知らせる機能が搭載されています。

信号待ちや渋滞など車の動きを止めているときに、先行車両の発進を通知してくれる機能です。

トラブルの引き金にもなりかねないので嬉しい機能です。

前方の信号が青に変わったことを知らせる機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、前方の信号が青に変わったことを知らせる機能が搭載されています。

 

ついつい見落としがちになり、トラブルの引き金にもなるので嬉しい機能です。

 

ドライブ中の速度など変化に対する安全運転をサポートする機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様にドライブ中の速度など変化に対する安全運転をサポートする機能が搭載されています。

具体的には、急加速や急減速、急ハンドルを検出した場合に、知らせてくれます。

 

車の速度が設定より早くなったかの通知機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、車の速度が設定より早くなったかの通知機能を搭載。

安全のため設定を忘れずにね。

 

取付自由なZDR036を見たい方は、下記をクリックしてください。

ZDR035を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

 

録画機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、5種の録画機能が搭載されています。

・ エンジンONで録画始動

・ 3つの安心録画機能

・ 衝撃クイック録画

・ タイムラプス録画搭載

・ 緊急録画停止機能

次にそれぞれについて説明していきますね。

エンジンONで録画始動

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、エンジンON直後から録画を始めるために、あなたの車が動き始めた直後の映像もしっかり録画されます。

3つの安心録画機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、3つの安心録画機能が搭載されています。

常時録画

エンジンONからOFFまでの映像を記録します。

衝撃録画

内蔵のGセンサーで衝撃を検出した場合、自動的に衝撃録画データとして記録します。

マニュアル録画

マニュアルスイッチを押すことで任意のタイミングで映像を記録することができます。

衝撃クイック録画

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、衝撃を検出時に起動し、映像の記録を行う衝撃クイック録画機能が搭載されています。

タイムラプス録画搭載

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、タイムラプス録画が搭載されています。

タイムラプラス録画とは、1秒に1枚記録された静止画を短い動画に圧縮して保存することで、長時間の録画が可能。

緊急録画停止機能

コムテック ドラレコ ZDR036には、ZDR035と同様に、事故などの大きな衝撃を受けた際、録画を自動で停止する緊急録画停止機能が搭載されています。

具体的には、事故後にそのまま車両を移動させたり、

修理工場で修理を行う際に、録画状態がONになった場合など、

知らないうちに重要な映像を上書きして消してしまうことを防ぐことができます。

衝突などの映像がなくなっていたりしたら意味がないものね。

 

全国のLED信号機に対応!

コムテック ドラレコ ZDR036は、ZDR035と同様に、東日本 / 西日本の異なる全国のLED信号機に対応!電源周波数でもしっかり録画します。

録画情報の確認方法

コムテック ドラレコ ZDR036は、ZDR035と同様に、前方カメラと後方カメラの録画映像をZDR036本体の液晶画面で直接確認することができます。

また、記録されたSDカードを使用してパソコンでも確認することができます。

ビューワソフトで詳しい情報をパソコンで確認!

コムテックホームページよりダウンロードできる専用ビューワソフトを使用することで、SDカードに録画したデータをパソコンで確認可能。

記録媒体

記録媒体は、microSDカードです。

ZDR036:16GB~128GB対応

ZDR035:8GB~128GB対応

 

取付自由なZDR036を見たい方は、下記をクリックしてください。

ZDR035を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

駐車時の関連機能

駐車時の関連機能として、下記の3つがあります。

・ 駐車中も録画監視機能搭載

・ ワンタイム録画駐車監視モード

・ 駐車監視モード録画解除機能

駐車中も録画監視機能搭載!

コムテック ドラレコ ZDR036は、ZDR035と同様に、別売オプションの駐車監視・直接配線コード[HDROP-14]を接続することで、駐車時にも録画監視機能を使用することができます。

駐車中も衝撃を検出し、前後の映像を記録することや常時録画を行うこともできます。

もちろん後方カメラの映像も記録します。

 

駐車監視機能は、車のバッテリーから、直接電源をとるので、バッテリー上りに注意が必要。

ワンタイム録画駐車監視モード

ワンタイム録画駐車監視モードとは、通常駐車監視機能をOFFに設定していても、外出先でのみ使用したい、という場合などに役立ちます。

駐車監視モード録画解除機能

駐車監視モード録画解除機能とは、

・ 機械式立体駐車場や振動の多い場所、

・ 風の強い日など、

・ 衝撃を検出しやすい場所などへ

駐車する際に、一時的に駐車監視録画モードを解除できる機能です。

撮影された録画映像を守るための安心機能!

録画データ保全機能

コムテック ドラレコ ZDR036は、ZDR035と同様に、専用ファイルシステムが事故などで急に電源が切断された場合でも、

録画データ保存の破損が少なくて、復元する確率の高いシステムとなっています。

またスーパーキャパシタも搭載したことにより、

録画データ保護性能がさらに向上。

microSDカードチェック機能

一般に、多くのドライブレコーダーではmicroSDカードが破損していても通常通り起動してしまい、映像を記録できていないことがあります。

コムテック ドラレコ ZDR036は、ZDR035と同様に、

起動時にmicroSDカードをチェックし、

カードが破損していた場合はLED表示で異常を通知してくれるので、

録画の撮り逃しを防止できます。

 

取付自由なZDR036を見たい方は、下記をクリックしてください。

ZDR035を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

ドラレコ ZDR036とZDR035向いているのは?

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いについて説明してきました。

大きな違いは、画質の向上とドライブレコーダーの設置の柔軟性、人や車の急接近への録画対応です。

これらの新機能を中心に、向いている方を選別してみました。

コムテック ドラレコ ZDR036が向いている方

・ より鮮明な画像を録画したいと思う方

・ 操作性の向上を期待している方

・ 不審人物の接近を知りたいと考えている方

 

コムテック ドラレコ ZDR035が向いている方

・ 最新の機能に、特にこだわりのない方

 

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いを比較のまとめ

コムテック ドラレコ ZDR036とZDR035の違いは、大きく3点あります。

・ 液晶画面の高画質化と液晶サイズの拡大

・ 本体、フロントカメラ、リヤカメラがすべて別体となるセパレートタイプで自由な取付けが可能

・ 動体検知機能搭載

高画質化や本体、フロントカメラ、リヤカメラの分離によ自由度の高まりによって、いざというときに役立つ動画を録画することができるようになっています。

なので、ドラレコ ZDR036は、安心感が従来のZDR035より高くなっています。

 

取付自由なZDR036を見たい方は、下記をクリックしてください。

ZDR035を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドライブレコーダーAV機器
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介