PR

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の違いを比較!5つの違いを徹底解説


フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の違いを比較してみました。


S9985/50とS9732A/33の主な違いは、加圧防止センサーという最適なヒゲ剃りを実現するための機構で、具体的には、シェーバーをお肌にあてる力具合を色で表示してくれるという画期的なシステムです。

シェーバーをあなたのお顔に当てているときの最適な抑え込みを青、緑、オレンジで表示してくれます。

この表示に従うことでカミソリ負けを防ぎつつ、深剃りも可能といったシステムになっています。

この加圧防止センサーを含めて、違いは、5点あることが分かりました。

以降にS9985/50とS9732A/33の違いの比較の詳細を本文で説明していきますね。

加圧防止センサー搭載のS9985/50を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

S9732A/33を見たい方は下記をクリックしてください。

 

 

フィリップス 9000シリーズS9985/50ってどんな商品なの?

フィリップス 9000シリーズS9985/50とは、一人ひとりお顔の形状にあわせて、優しくフィットすることで、深剃りを実現したシェーバーです。

とくに、特徴的なのは、加圧防止センサーを搭載していること。

加圧防止センサーとは、あなたのお顔にシェーバーを当てたときの、お顔をへの圧力の強さを色で強すぎる、丁度良い、弱すぎるの3段階で表示してくれることです。

この表示された色によって、シェーバーへの力の配分をコントロールできるので、あなたのお肌への負担も少なくなり、深剃りも可能となってきます。

期待の高い機能だと思います。

加圧防止センサー搭載のS9985/50を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の違いを比較

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の違いを比較してみました。

S9985/50とS9732A/33の違いには、大きく下記の5点の違いがあります。

・ 加圧防止センサー搭載

・ 360-Dフレックスヘッド搭載

・ ヒゲ密度感知システム搭載

・ シェービング動作検知センサー搭載

・ コードレス洗浄システム

加圧防止センサーを中心に個々の違いについて説明していきますね。

加圧防止センサー搭載

先ほども説明していますが、繰り返して、説明します。

加圧防止センサーは、S9985/50で新たに搭載された深剃りを軽減するためのシステムです。

具体的には、

シェーバーヘッドをあなたの肌に押し当てたときに、押し当て方が強すぎると、深剃りはできてもカミソリ負けをしてしまいます。

また、押し当て方が弱すぎると深剃りができずに、剃り残しができてしまいます。

この両方の問題を解決するために、シェーバーにスマートセンサーを搭載し、このスマートセンサーが毎秒30回、あなたへのお肌への圧力を感知。

その感知した状況をシェーバーヘッド部にある表示灯の色で知らせてくれます。

これが、加圧防止センサーシステムです。

弱すぎ、最適、強すぎの3種類の色で表示してくれます。

なので、すぐに、最適な圧力に調整が可能になっています。

お肌に優しい状態で深剃りができる便利なシステムと言えると思います。

360-Dフレックスヘッド搭載

360-Dフレックスヘッド搭載は、S9985/50で新たに搭載された剃り残しを低減してくれるシステムです。

具体的には、

360-Dフレックスヘッド搭載とは、柔軟性に優れたヘッドが、360度回転し、あなたのお顔の凹凸に密着することで、ヒゲのそり残しを低減してくれるシステムです。

ちなみに、S9732A/33は、お顔の輪郭検知テクノロジーで、8方向130°の可動により密着感を実現しています

ヒゲ密度感知システム搭載

ヒゲ密度感知システムは、S9985/50で新たに搭載されたあなたのお顔のヒゲの濃さを自動で判別して、シェーバーのパワーをシェーバー自身が自動で調整してくれるシステムです。

具体的には、

ヒゲ密度感知システム搭載とは、毎秒500回もヒゲの密度を感知するシステムです。

この感知したヒゲの濃さに合わせて、自動でパワーを調節してくれるあなたのお肌に優しい機能です。

シェービング動作検知センサー搭載

シェービング動作検知センサーは、S9985/50で新たに搭載された機能で、あなたのヒゲを最小限のストローク数であなたのヒゲをそれるようにガイドしてくれるシステムです。

コードレス洗浄システム

コードレス洗浄システムとは、S9985/50で新たに搭載されたシステムで、洗浄機の電源をシェーバーからとるという画期的なシステムです。

洗浄機のコードがないので、スッキリとしています。

コードレス洗浄システムは、3か所の高圧ジェット噴射と毎分1600回転することによって、短時間で高速にシェーバーを洗浄することができます。

水だけで洗浄できるので、あなたのお肌にも優しいですね。

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の共通機能

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の共通機能として下記の5点あることが分かりました。

・ スリーサイクロンヘッド

・ 驚異の深剃りを実現する72枚(24枚×3ヘッド)刃

・ ダブルVトラック刃がヒゲを逃さない

・ スーパーリフト&カットテクノロジー

・ 自動研磨システム

スリーサイクロンヘッド

スリーサイクロンヘッドとは、ヘッドがあなたのお肌に面で接することによって、あなたへのお肌への圧力を分散し、そのことによって、あなたのお肌への負担を軽減する仕組みです。

驚異の深剃りを実現する72枚(24枚×3ヘッド)刃

72枚(24枚×3ヘッド)の極めて精密な内刃が2,300回転/分で高速回転。

1回のシェービングで約45万カットを実現しています。

ダブルVトラック刃がヒゲを逃さない

V字型の内刃と外刃がヒゲを挟みこんで深剃りが可能なダブルVトラック刃を採用しています。

従って、シェーバーは、あなたのヒゲの剃り残しがしにくいシステムとなっています。

スーパーリフト&カットテクノロジー

スーパーリフト&カットテクノロジーで1枚目の刃がヒゲを根元から引き上げ、2枚目の刃がカット。

内刃が直接あなたのお肌に触れないので、あなたのお肌を傷めずに深剃りを実現しています。

あなたのお肌に優しい機能ですね。

自動研磨システム

フィリップス独自技術、回転させるたびに内刃が外刃で研磨され、オイルを差さずに使い続けても、刃のシャープさは落ちないで、切れ味が継続します。

 

加圧防止センサー搭載のS9985/50を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

S9732A/33を見たい方は下記をクリックしてください。

 

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の価格

S9985/50の価格:アマゾンで2022年2月現在、3万8千円弱

S9732A/33の価格:アマゾンで2022年2月現在、2万3千円弱

価格差は、1万5千円。

価格差1万5千円というのは悩みどころかもしれませんね。

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33向ているのは?

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33で、向いているのはどちらかという点で、機能面からと価格面から判断してみました。

S9985/50が向いている方

・ 加圧防止センサー搭載で、よりお肌に優しく、深剃りができる

・ 深剃りはしたいけど、お肌にできるだけ優しいほうが良い。

 

 

S9732A/33が向いている方

・ 性能よりもコストパフォーマンスを優先する方

・ 深剃りが多少できにくくても、お肌に優しいことを優先する方

 

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の違いを比較のまとめ

いかがでしょうか?

フィリップス 9000シリーズS9985/50とS9732A/33の違いを比較について説明してきました。

とくに、期待が高いのが、S9985/50に新規に加圧防止センサーが搭載されていることです。

シェーバーヘッドをあなたの肌に押し当てたときに、押し当て方が強すぎると、深剃りはできてもカミソリ負けをしてしまいます。

また、押し当て方が弱すぎると深剃りができずに、剃り残しができてしまいます。

この両方の問題を解決するために、シェーバーにスマートセンサーを搭載し、このスマートセンサーが毎秒30回、あなたへのお肌への圧力を感知。

その感知した状況をシェーバーヘッド部にある表示灯の色で知らせてくれます。

弱すぎ、最適、強すぎの3種類の色で表示してくれます。

この加圧防止センサーで敏感肌などのかたも安心して使用することができます。

 

加圧防止センサー搭載のS9985/50を見たい方は、下記をクリックしてください。

 

S9732A/33を見たい方は下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介