PR

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの違いを比較!オススメはどっち


Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの違いを比較!オススメはどっち


Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの主な違いは次の通りです。

4K対応テレビ向け:Fire TV Stick 4K Maxは高解像度の4Kテレビに対応しており、4K映像を楽しむことができます。一方、通常のFire TV StickはフルHDまでの解像度に対応しています。

Wi-Fi 6対応:Fire TV Stick 4K Maxは次世代のWi-Fi 6に対応しており、高速で安定した通信を提供します。多数のデバイスが同時に接続されていてもネットワークの混雑を軽減できます。通常のFire TV Stickは従来のWi-Fi規格に対応しています。

倍増したメモリー:Fire TV Stick 4K Maxは2GBのメモリーを搭載しており、通常のFire TV Stickの1GBと比べて処理能力が向上しています。

これにより、Fire TV Stick 4K Maxは4Kテレビで高画質な映像を楽しむことができ、Wi-Fi 6対応により高速なストリーミングが可能です。さらに、2GBのメモリーによりデバイスの動作がスムーズになります。対して通常のFire TV StickはフルHDまでの解像度に対応し、Wi-Fi 6や2GBのメモリーは持っていません。

Fire TV Stick 4K Maxを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stickを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stick 4K Maxってどんな商品?

Fire TV Stick 4K Maxは、4K解像度に対応したテレビで、高品質な映像を楽しむことができるデバイスです。

具体的には、4K Ultra HDのネット動画やその他の4Kコンテンツを、4Kレベルの高画質で再生できます。これは、従来の1080p解像度よりも約4倍のクリアな映像を提供します。4Kコンテンツを楽しむ際に、映像が鮮明で細部がくっきりと表示されるため、臨場感のある映像体験を提供します。

音声についても、Fire TV Stick 4K MaxはDolby Atmosに対応しています。Dolby Atmosは、音声の位置情報を任意に設定できるサウンド技術であり、周囲からの音の方向や距離をリアルに再現することができます。これにより、より立体的で没入感のあるサウンド体験を楽しむことができます。ただし、この音声機能を利用するためには、コンテンツ自体もDolby Atmosに対応している必要があります。

ドルビーアトモスは、チャンネルではなく、音声オブジェクトをベースにした業界初のオーディオフォーマットです。 ドルビーアトモスでは、ヘリコプター、けたたましい車のクラクション、子供の叫び声といったあらゆるサウンドが、チャンネルの制限がない独立した音声オブジェクトとして存在することができます。 このオブジェクトは頭上も含めてどこにでも配置および移動することができます。

参照元:https://www.dolby.com/jp/ja/technologies/dolby-atmos.html

Fire TV Stick 4K Maxを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stickを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの違いを比較

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの違いとしては、下記の3点。

・ Fire TV Stick 4K Maxが4k対応テレビ向けになっていること。

・ 次世代Wi-Fi 6対応していること

・ メモリーが2Gバイトと倍増していること

次にそれぞれについて詳しく説明していきますね。

Fire TV Stick 4K Maxが4k対応テレビ向けになっていること

Fire TV Stick 4K Maxは、4K対応テレビ向けに設計されており、従来のFire TV Stick 4Kよりも40%パワフルでより高速なアプリ起動と滑らかな操作を実現するデバイスです。

この新しいバージョンでは、1.8GHzのクアッドコアプロセッサーが搭載されており、従来のFire TV Stick 4Kよりも40%高性能になっています。これにより、アプリの起動がより迅速に行われ、コンテンツ検索やアプリの切り替えがよりスムーズになります。つまり、ユーザーエクスペリエンスが向上し、ストレスなくコンテンツを楽しむことができます。

さらに、Fire TV Stick 4K Maxは4K Ultra HDとDolby Visionに対応しています。これにより、鮮明で迫力のある美しい映像を満喫できます。4K Ultra HDは、従来のフルHDよりも約4倍の解像度を持ち、より高画質で細部までくっきりと映し出されます。Dolby Visionは、ハイダイナミックレンジ(HDR)技術の一つで、明るい場所と暗い場所の両方に豊かな色や詳細を持たせることができるため、よりリアルな映像体験を提供します。

次世代Wi-Fi 6対応していること

 

Amazonの初のWi-Fi 6対応ストリーミングメディアプレーヤーは、Wi-Fi 6という最新の無線通信規格に対応しています。

Wi-Fi 6は、従来のWi-Fi規格よりも進化した性能を持ち、特に複数のデバイスが同時に接続されている場合でもネットワークの混雑を軽減する特長があります。従来のWi-Fi規格では、複数のデバイスが同時に通信を行うと、通信の遅延や混雑が発生し、ビデオストリームの再生が途切れたり画質が低下したりすることがありました。しかし、Wi-Fi 6では、より効率的な通信が可能となり、同時接続されたデバイスの性能が向上します。

AmazonのWi-Fi 6対応ストリーミングメディアプレーヤーを使用することで、Wi-Fi 6に接続した複数のデバイスにおいて、ネットワークの混雑を軽減し、高精細な4Kビデオコンテンツを滑らかに再生することができます。これにより、ストリーミング中の映像や音声の遅延が少なくなり、高画質の映像をストレスなく楽しむことができます。

ただし、Wi-Fi 6を利用するには、Wi-Fi 6対応ルーターが必要です。Wi-Fi 6の恩恵を受けるためには、ルーター側もWi-Fi 6に対応している必要があります。Wi-Fi 6対応ルーターを使用することで、さらに高速な無線通信環境を構築し、最大限のパフォーマンスを得ることができます。

メモリーが2Gバイトと倍増していること

もちろん、メモリーが2GBに倍増したことにより、なめらかな映像体験が期待できます。

メモリー(RAM)は、コンピューターやストリーミングデバイスなどの処理能力を支える重要な要素です。特に、ストリーミングメディアプレーヤーでは、映像や音声をスムーズに再生するために十分なメモリーが必要です。

従来のストリーミングメディアプレーヤーが1GBのメモリーを持っていたとすると、映像や音声をバッファリングするのに限界があり、高解像度の4K映像や複雑な動画コンテンツを再生する際には、一部の映像がカクついたり、読み込み待ちの時間が長くなったりすることがあります。

しかし、メモリーが2GBに倍増すると、より多くのデータを一度に保持することができます。これにより、映像や音声をよりスムーズに読み込み、再生することができるようになります。特に高解像度の4K映像など、データ量の大きいコンテンツをストリーミングする際に、映像のカクつきや読み込み待ちの時間が大幅に減少します。

つまり、メモリーが2GBに倍増したことで、ストリーミングメディアプレーヤーはより多くのデータを効率的に処理し、なめらかな映像体験を提供することができるのです。これにより、高画質の映像をストレスなく楽しむことができます。

Fire TV Stick 4K Maxを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stickを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickと同等機能

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickと同等機能には、下記の3点があります。

・ ネット映像を楽しめる

・ Dolby Atmos対応

・ 第3世代リモコン付属

ネット映像を楽しめる

Fire TV Stick 4K Maxは、さまざまなネット映像を楽しむことができるストリーミングメディアプレーヤーです。

具体的には、Prime Video、YouTube、Netflix、Disney+、Hulu、Apple TV+、ABEMA、DAZNなど、多くの有名なストリーミングサービスに対応しています。これらのサービスは、映画、TV番組、ドラマ、アニメなど様々なコンテンツを提供しており、ユーザーは自分のお気に入りのコンテンツを見つけることができます。たくさんの選択肢があるので、幅広い興味や好みに合ったエンターテインメントを楽しむことができます。

さらに、Fire TV Stick 4K Maxは単なるアプリの枠を超えて機能します。1つのデバイスで複数のストリーミングサービスを利用できるため、コンテンツを切り替える手間が省けます。豊富な映画作品やTV番組のエピソードを簡単にアクセスし、心ゆくまで楽しむことができます。

さらに、音楽体験も向上します。Amazon MusicやSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスを使って、楽曲、プレイリスト、ラジオなどの音楽コンテンツを楽しむことができます。音楽愛好家にとっても、Fire TV Stick 4K Maxは多機能なエンターテインメントデバイスとして便利です。

ただし、これらのサービスを利用するためには、それぞれのサービスに別途登録・契約や料金が必要になる場合があります。各サービスの要件に従って登録を行い、利用することで、充実した映像と音楽の世界を楽しむことができます。

プライム会員特典

Amazonのプライム会員であれば、Prime Videoの会員特典対象の作品を追加料金なしで見放題で利用することができます。

Prime Videoは、映画、ドラマ、アニメ、お笑い・バラエティ番組など、幅広いコンテンツを提供しています。これらの作品は、プライム会員特典として追加料金なしで視聴することができます。つまり、Prime Video会員特典の対象になる作品は、プライム会員の方々にとっては追加費用なく楽しむことができるのです。

さらに、Amazon Music Primeもプライム会員特典として提供されています。Amazon Music Primeに登録することで、200万曲が聴き放題になります。これは、プライム会員にとっての追加の特典として利用できる音楽ストリーミングサービスです。

つまり、Prime会員はAmazon Music Primeを追加料金なしで利用することができるというわけです。

Prime Videoをチェック

Prime Videoをチェックすると、さらにAmazon Music Primeの利用も楽しむことができます。

Amazon Music Primeは、さまざまなジャンルの楽曲が200万曲以上用意されており、J-POPからジャズ、クラシックまで幅広い音楽を聴き放題で楽しむことができます。つまり、プライム会員はAmazon Music Primeに登録することで、数百ものプレイリストやアーティストの楽曲を自由に聴くことができます。

J-POPが好きな方も、ジャズやクラシックが好きな方も、好みの音楽をプレイリストで選んで楽しむことができます。また、シーンに合わせたプレイリストも用意されているため、リラックスしたい時や運動をする時など、様々なシチュエーションに合わせて音楽を楽しむことができます。

Amazon Music Primeは、Prime会員の特典として提供されており、追加料金なしで利用できます。これにより、Prime会員はPrime Videoとともに音楽の楽しみも広がり、幅広いエンターテインメントを楽しむことができます。

Alexa対応の第3世代リモコン付属

Fire TV Stick 4K Maxには、Alexa対応の第3世代リモコンが付属しています。このリモコンを使うことで、Alexaに音声でコンテンツを検索・再生操作することができます。

リモコンにはアプリボタンと番組表ボタンが追加されており、お気に入りのアプリに簡単にアクセスできます。また、テレビやサウンドバーの電源やボリュームもリモコンでコントロールできます。

音声認識ボタンを押しながらAlexaに話しかけるだけで、簡単にコンテンツの検索や再生操作ができます。さらに、電源、音量、ミュートボタンを使って対応するテレビ、サウンドバー、AVアンプを操作することも可能です。

また、Alexaを使ってスマートホーム機器も操作できます。ピクチャー・イン・ピクチャー機能を使えば、別室に設置したネットワークカメラでお子様の様子を見守りながら、試合などを楽しむことができます(※Alexa対応のネットワークカメラと事前の設定が必要です)。また、Alexaに天気を尋ねたり、照明をコントロールしたりすることも可能です。

つまり、Fire TV Stick 4K MaxはAlexa対応の第3世代リモコンが付属しているため、簡単に音声でコンテンツを検索・再生操作することができます。さらに、リモコンでテレビやサウンドバーの電源や音量もコントロールできます。そして、Alexaを活用してスマートホーム機器を操作したり、便利な機能を活用したりすることも可能です。これにより、より快適でスマートなエンターテインメント体験を楽しむことができます。

Alexaは日々新しい機能やスキルが追加され、常に進化を続けています。例えば、ピクチャー・イン・ピクチャー機能を使って、スマートホーム機器をより快適に活用することができます。

この機能を利用するには、Alexa対応のスマートホーム製品(別売)が必要で、事前の設定が必要です。例えば、別室に設置したネットワークカメラをAlexa対応のスマートホーム製品と連携させることで、お子様の様子を見守りながら、見逃せない試合を楽しむことができます。ピクチャー・イン・ピクチャー機能を使えば、テレビ画面の一部にカメラ映像を表示し、同時にテレビ番組を楽しむことができるのです。

さらに、Alexaは対応するEcho端末とワイヤレス接続することができます。これにより、Echo端末をスピーカーとして使い、テレビの音声だけでなく、テレビとHDMI接続した他の機器の音声もEcho端末から出力できます。Alexaホームシアターシステムを構築することで、没入型のサウンド体験を楽しむことができます。

セットアップの手順

簡単セットアップの手順は以下の通りです:

設置場所にインターネットのWi-Fi環境があるかどうか確認します。

1)Fire TV Stick 4K Maxを使用するには、インターネットに接続する必要があります。ご自宅や設置場所にWi-Fi環境があることを確認してください。
Fire TV Stick 4K MaxをテレビのHDMI端子に接続して、コンセントにつなぐ。

2)Fire TV Stick 4K MaxをテレビのHDMI端子に差し込みます。その後、付属の電源アダプターをコンセントに差し込んで電源を供給します。
インターネットに接続すれば完了。

3)Fire TV Stick 4K Maxがテレビと接続されたら、設定画面が表示されるので、Wi-Fiネットワークに接続してください。無線ネットワークを選択し、Wi-Fiのパスワードを入力して接続します。これでFire TV Stick 4K Maxがインターネットに接続され、セットアップが完了します。

以上の3つの手順で、Fire TV Stick 4K Maxの簡単なセットアップが完了します。

これであなたは、Prime VideoやNetflix、YouTubeなどのストリーミングサービスから映画やドラマを楽しんだり、Alexaを使って音声でコンテンツを検索したり、さまざまなエンターテインメントを手軽に楽しむことができます。

Fire TV Stick 4K Maxを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stickを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stick向いているのは?

Fire TV Stick 4K Maxが向いている方

・ Fire TV Stick 4K Maxは4K対応テレビ向けで、4Kテレビを見たい方

・ Fire TV Stick 4K Maxは次世代のWi-Fi 6に対応で、より高速で安定した通信を望む方

・ Fire TV Stick 4K Maxは2GBのメモリーを搭載しており、通常のFire TV Stickの1GBと比べて処理能力が向上していて快適な使用体験を望む方

Fire TV Stick 4K Maxを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stickが向いている方

・ 新機能よりもコストパフォーマンスを優先する方

Fire TV Stickを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの違いを比較!オススメはどっちのまとめ

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの違いを比較してきました。

Fire TV Stick 4K MaxとFire TV Stickの主な違いは以下の通りです。

解像度の違い:Fire TV Stick 4K Maxは4K対応テレビ向けに設計されており、高解像度の4K映像を楽しむことができます。一方、通常のFire TV StickはフルHDまでの解像度に対応しています。

Wi-Fi規格の違い:Fire TV Stick 4K Maxは次世代のWi-Fi 6に対応しています。これにより、より高速で安定した通信が可能で、複数のデバイスが同時に接続されていてもネットワークの混雑を軽減できます。一方、通常のFire TV Stickは従来のWi-Fi規格に対応しています。

メモリー容量の違い:Fire TV Stick 4K Maxは2GBのメモリーを搭載しており、通常のFire TV Stickの1GBと比べて処理能力が向上しています。2GBのメモリーにより、デバイスの動作がスムーズになり、快適な使用体験が得られます。

Fire TV Stick 4K Maxを見たい方は下記をクリックしてください。

 

Fire TV Stickを見たい方は下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
AV機器
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介