PR

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570K違いを比較


レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570K違いを比較


レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570K違いを比較してみました。

違いは、高画質関連と高音質関連とその他の特徴の3つあることがわかりました。

高画質関連では、

・ 4Kビューティー

・ 新開発 スリム直下型高輝度倍速パネル

高音質関連では、レグザ重低音立体音響システムZPがあります。

その他の特徴では、ネット動画対応のリモコンに好きな動画配信サービスを登録することができます。

 

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kってどんな商品?

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kは、レグザエンジンがさらに進化レグザエンジンZRⅠ搭載した高速レスポンス、進化したノイズリダクション、36色の多色軸処理、快適な操作性を備え、地デジはもちろん、4K放送やネット動画も高精細に楽しめる65V型の液晶テレビです。

具体的には、感動に満ちたリアルな映像美が楽しめるように、高コントラストパネルと、新開発のスリム直下型高輝度バックライトを採用しています。

また、倍速駆動の搭載により、早い動きの映像もスムーズに再現し、スポーツなどの動きが速いシーンもなめらかにネット動画も美しく再現します。

更に、高音質のために、レグザ重低音立体音響システムZPを搭載しています。

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570K違い

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570K違いは、高画質関連と高音質関連とその他の特徴の三つあります。

高画質関連

高画質関連には、下記の2つがあります。

・ 4Kビューティー

・ 新開発 スリム直下型高輝度倍速パネル

次にそれぞれについて説明していきます。

4Kビューティ

細かい絵柄、平坦な絵柄など、ブロックごとの映像の種類を検知します。
この検知した結果をもとに、絵柄に応じて適切な復元処理を実施し、ノイズを抑えながら4K放送本来の美しさを再現します。
また、この機能によって、地デジのノイズを低減し、映像を高精細に映し出すことができます。

新開発 スリム直下型高輝度倍速パネル

感動に満ちたリアルな映像美が楽しめる高コントラストパネルと、新開発のスリム直下型高輝度バックライトを採用。
また、倍速駆動の搭載により、早い動きの映像もスムーズに再現し、スポーツなどの動きが速いシーンもなめらかにネット動画も美しく再現します。
ちなみに65Z570Kは、新開発 直下型倍速パネルを搭載しています。
感動に満ちたリアルな映像美が楽しめる高コントラストパネルと、新開発の直下型バックライトを採用。
また、倍速駆動の搭載により、早い動きの映像もスムーズに再現することができます。

高音質関連

高音質関連については、レグザ重低音立体音響システムZPがあります。

レグザ重低音立体音響システムZP

実用最大出力合計値60Wのマルチアンプを採用し、新開発の2Wayバスレフボックススピーカー、重低音バズーカ、トップツィーターなど合計9個のスピーカー、75Z670Kは重低音バズーカ、トップツィーターなど合計11個のスピーカーを駆動することができます。
これによって、パワフルで臨場感あふれるサウンドを再現し、音域のつながりを向上させる高遮断クロスオーバーフィルターに加え、立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」にも対応しており、映画館のように立体的で迫力のあるサウンドを楽しむことができます。
ちなみに、65Z570Kは、レグザ重低音立体音響システムを搭載しています。
新開発バスレフボックススピーカー、重低音バズーカなどのスピーカー&40Wのマルチアンプ駆動を採用し、さらに立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」にも対応しています。
立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」とは
上方向と横方向からの音表現による、立体的な臨場感と重厚なサウンドを実現。
上方向に広がりを持たせ立体的な音に仕立て上げています。
前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応。
従来、立体音響を楽しむには天井を含むさまざまな場所にスピーカーを設置する必要がありました。
レグザでは、最新の音声処理システムにより、テレビ本体のスピーカーでかんたんに3次元の立体音響を体感できます。
自然な音像定位と豊かな音質、多彩な音響効果を実現
自然な音像定位と豊かな音質、多彩な音響効果を実現

レグザ サウンドプロセスVIR

3次元スキャニング測定とVIRフィルター™により高精度な全帯域補正を行い、フラットで明瞭な音質と自然な音像定位を実現しています。

画面から聞こえてくるような音像再現音像補正技術搭載

仮想音源シミュレートに基づいた音像補正技術により不明瞭な音像定位を改善。
スピーカー位置ではなく、画面から音が聞こえるような自然な音像再生を可能とし、映像と音声が融合した違和感のない再生を実現しています。
音質に関しては、テレビだけでも十分と考えますが、

ただ、どうしても音質に不満を感じる方は、簡単に接続できるサウンドバーを利用することで、テレビなどの番組を迫力ある音声で楽しむことができます。

そこで、高音質で番組を見たい方は、サウンドバーを検討するのも良いでしょう。

ソニー サウンドバー HT-G700とHT-X8500違いを比較!おすすめはどっち

映画やドラマを好きなときに好きなだけ楽しめるネット動画
多彩なネット動画に対応。
お好みの動画配信サービスから、話題の映画、ドラマ、アニメなどをテレビの大画面で楽しめます。また、リモコンには「ABEMA」「Hulu」「U-NEXT」「YouTube™」「Prime Video」のダイレクトボタンを配置しているので、お好みの動画配信サービスへ手軽にアクセスできます。
「My.Choice」ボタンにはお気に入りの動画配信等のアプリケーションのショートカットを登録することが可能です。
ちなみに、65Z570Kも多彩なネット動画に対応。
お好みの動画配信サービスから、話題の映画、ドラマ、アニメなどをテレビの大画面で楽しめます。また、リモコンには「ABEMA」「Hulu」「U-NEXT」「YouTube™」「Prime Video」のダイレクトボタンを配置しているので、お好みの動画配信サービスへ手軽にアクセスできます。

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570Kと同等機能

高画質関連

さらに進化した高画質映像処理エンジン
レグザエンジンZRⅠ
レグザエンジンがさらに進化。
高速レスポンス、進化したノイズリダクション、36色の多色軸処理、快適な操作性を備え、地デジはもちろん、4K放送やネット動画も高精細に楽しめます。
より高精細に4K放送を再現
地デジAIビューティZRⅠ
地デジのノイズを高精度に抑制しながら、さまざまな高画質処理により、テロップまでクッキリとした高画質を楽しめます。
また、動きのある映像で発生する動きボケも抑え、クリアに再現。
最新のデータベースに更新されたクラウド高画質テクノロジーで、さらなる高画質を実現しています。
ネット動画の映像も高画質に再現
ネット動画ビューティZRⅠ
ネット動画の特性に合わせて高画質処理することにより、コントラスト・精細感をアップさせ、低フレームレートコンテンツもなめらかに再生します。
さらに、「ナチュラル美肌トーン」が、ネット動画でも人肌を自然で美しい色合いに再現します。
クラウドAI高画質テクノロジー
クラウドAI高画質テクノロジーは、最新のデータベースに更新された詳細ジャンルやコンテンツごとの画質特性をクラウドから取得し視聴中のコンテンツに適切なパラメーターを用いて高画質処理を行い、高精細でリアルな高画質を実現します。
健康的で自然な質感の人肌を再現するナチュラル美肌トーン
人肌の立体感や質感を向上させるとともに、黒ずみや白飛びなどを抑制し、自然な人肌を再現します。
さらに、撮影環境などの影響により不自然に感じるカラーシフトした人肌を自然で美しい色合いに再現します。
視聴環境に合わせて画質を自動調整するおまかせAIピクチャーZRⅠ
室内の明るさと照明や外光の色温度の違いを検出し、視聴環境にあわせて適切な画質に自動調整。周囲の色温度にも合わせて画質調整されます。
また、夜間に浴びると睡眠に影響があると言われるブルーライトを抑制し、テレビ視聴をより快適にします。
広色域復元
映像送信の際に失われる”本来の色”を復元し、色表現領域を拡大。最明色(物体色の限界)を考慮した、自然で豊かな色再現を実現します。
パネルの色域の広さとバックライトの輝度レンジによる相乗効果で、色の表現範囲がさらに拡大しています。
HDRリアライザー
緻密なコントラスト制御により、立体感のあるリアルな映像を再現します。
さらに、色の表現が難しい明るいシーンでもありのままの色彩で描き出します。

その他の特徴

スマート連携機能
40万本以上の映画や番組を声で素早く検索したり、気分に合わせたおすすめを尋ねたり、テレビやスマートホーム機器を操作したりできます。
リモコンの Google アシスタントボタンを押すか、「OK Google」と言って始めましょう。
「OK Google」(音声アシスタント)搭載で、テレビやリモコンに向かって話しかけることで見たいコンテンツを探したりテレビの操作などが行えます。

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570Kで向いているのは

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kが向いている方は

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kが向いている方は、下記の点を重視するかたです。

・ 高画質を重視する方

・ 高音質を重視する方

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 65V型 4K液晶テレビ65Z570Kが向いている方

高画質や高音質を重視するよりもコストパフォーマンスを重視する方

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570K違いを比較のまとめ

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kと65Z570K違いを比較についてまとめてきました。

違いは、高画質関連と高音質関連とその他の特徴の3つあることがわかりました。

高画質関連では、

・ 4Kビューティー

・ 新開発 スリム直下型高輝度倍速パネル

高音質関連では、レグザ重低音立体音響システムZPがあります。

その他の特徴では、ネット動画対応のリモコンに好きな動画配信サービスを登録することができます。

以上のような結果になりました。

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z670Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

レグザ 65V型 4K液晶テレビ 65Z570Kを見たい方は、下記をクリックしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テレビ大型家電
kaden-kobeyaをフォローする
家電の小部屋!生活を楽しく幸せにする家電紹介